死の罠から「アクロバティック」に逃げるアリ(動画あり)

写真拡大

時速約225kmのスピードで閉じる顎をもつアギトアリ。彼らがアリジゴクの罠を逃れるために行う、顎を使ったアクロバティックなジャンプを動画で紹介。

「死の罠から「アクロバティック」に逃げるアリ(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

アギトアリは、恐ろしく強力なバネのような大顎をもつアリとして、昆虫界で名を馳せている。その大顎は、獲物を容易く咬み砕いたり、巣を守ったりするのに使われている。

だが、「PLOS ONE」に5月13日付けで発表された研究により、その見事な大顎のまったく新しい使い道が明らかになった。顎の力を使って跳び上がり、捕食者の仕掛けた「死の罠」から抜け出せるのだ。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の昆虫学者、フレデリック・ララビーアンドリュー・スアレスが行った研究は、2006年の研究で得られた知見を踏まえたものだ。先の研究では、アギトアリが超高速で閉じる大顎を利用して「弾道的な推進力」を生み出せることがわかっていた。簡単にいえば、アギトアリは大顎を180度に開いてから、時速およそ225kmのスピードで閉じることができるのだ。

どうやらアギトアリは、その大顎を使ってアクロバティックにジャンプすることで、安全な場所へ逃げているようだ。この技が特に役立つのが、最も危険な天敵であるアリジゴクから逃げるときである。

ララビーのチームは今回の研究で、砂が4cm入ったプラスティックカップを複数用意し、アギトアリ属の1種「Odontomachus brunneus」を1匹ずつ入れた。このカップには、アリジゴクも入っている。

動画にあるように、アギトアリは地面を叩くようにして大顎を閉じ、その反動で跳び上がることで差し迫った死の危険からうまく逃れている。研究チームによれば、117回の実験のうち、14.5パーセントの確率でアギトアリはジャンプによって助かったという。

(関連記事)アリは地球を救う!?:温暖化の原因となるCO2を減らす働きが確認される

TAG

AntBiologyResearchVideoWIRED UK