写真提供:マイナビニュース

写真拡大

生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研は、主婦500人を対象に行った「梅雨の家事における悩みに関するアンケート」の結果を公表した。

調査は4月3〜8日、20〜50代の既婚女性500人を対象に実施。梅雨時の家事の悩みや菌・カビ対策の実態について調べた。

回答者のうち「梅雨の時期に家事が憂鬱だと感じる」と回答した人は87%。その理由として「洗濯物が乾きにくいから」(84%)、「湿気が気になるから」(82%)、「カビが気になるから」(65%)が上位3つを占め、この季節ならではの家事の悩みが明らかになった。また、梅雨の時期に特に億劫だと思う家事としては「洗濯」(43%)や「布団干し」(32%)といった布製品のケアが上位にあげられ、「お風呂掃除」(25%)などの水周りの掃除を上回った。億劫さを反映してか、布製品の菌・カビ対策を行っている主婦の割合は29%と3割に満たない結果に。具体的に行っている対策方法では、「洗濯をする」(88%)、「日光にあてる」(85%)の2項目が圧倒多数を占め、行われている対策方法の種類に限りがあることもわかった。

今回の調査では7割を超える主婦が布製品の菌・カビ対策をしていないことが明らかになったが、主婦全体の87%が「布製品のきちんとした菌・カビ対策の方法がよくわからない」と回答。さらに「菌・カビ対策の効果はどの程度有効なものなのかよくわからない」と回答しており、正しい菌・カビ対策への知識の不足が、対策不足につながっていると考えられる。

今回の結果を受け、除菌・カビ用の布製品のケア用品のトップブランドとして知られる「ファブリーズ」シリーズの研究・開発担当者のP&Gファブリーズ研究員新藤知子氏は「梅雨の時期は他の季節と比べカビの繁殖スピードが約4倍であるというデータもあります。調査では、特に菌やカビが気になる布製品には、衣類やカーテン、寝具などが挙げられましたが、これらは必ずしも毎日洗えるアイテムではありません。しかし、この季節の菌・カビの増殖スピードは速く、洗えないからといっても増殖が待ってくれるわけではありません」とコメント。加えて「そこで洗濯ができるまでの対策としては、除菌・消臭スプレーなど気軽で手軽なアイテムを活用した菌・カビ対策がオススメです」とアドバイスしている。

憂鬱な梅雨の時期の家事は、手軽な掃除アイテムなどを取り入れて工夫してこなすのがよさそうだ。

(神野恵美)