わたしの金銭感覚ってズレている!? 家計簿をつけている人とつけていない人のちがいが明らかに! アンケート調査

写真拡大

人力データ化家計簿アプリサービス「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」を運営しているBearTailは、家計簿を付けている人と付けていない人の「金銭感覚」の違いに関する調査を行なった。

対象は20代〜30代の家計簿を付けている未婚男女270名、家計簿を付けていない未婚男女266名の合計536名。

調査の結果、家計簿を付けている人の方が、日常生活や余暇・娯楽に対し、より「お金をかけてもよい」と考えているということがわかった。また、GWも家計簿を付けている人の方がアクティブに活動をしていた。その一方で、全体の約3割の人が「周りと比べて自分の金銭感覚はズレている」と考えていると回答していた。「どのような時にズレを感じるか」という質問に対しては、「コンビニで1万円分を使う」「ネットやテレビなどの世論調査で『○○に使える金額』などのアンケート結果を見た時」「人が普通と思っているものを高いと感じる時」などという回答が寄せられていた。

(エボル)