■5月特集 いま見るなら、女子ゴルフ(7)

 プロ8年目の菊地絵理香(26歳)が今季、ついに悲願を遂げた。KKT杯バンテリンレディス(4月17日〜19日/熊本県)で、ツアー初優勝を飾ったのだ。

 2012年に賞金シードを獲得して以降、菊地は安定したプレイを披露。いつ優勝してもおかしくない存在だった。実際、一昨年の日本女子オープン(2013年10月3日〜6日/神奈川県)をはじめ、昨年のNEC軽井沢72(2014年8月15日〜17日/長野県)や、富士通レディース(2014年10月17日〜19日/千葉県)では、勝利をほぼ手中に収めるところまできていた。が、最後は自滅して涙した。

 そんな菊地が、KKT杯バンテリンレディスでは、最後までスコアを伸ばして、2位に5打差をつける圧勝劇を演じた。自らスコアを崩してしまう、かつてのひ弱な姿はそこにはなかった。

 はたして今季の菊地は何が変わったのか。

 一番は、練習の"質"だった。菊地が語る。

「例えば、パッティングなんかは、同じ場所から3球続けて打てば、2球目、3球目は必ずカップに寄るか、入ります。でも試合では、それ(2球目、3球目)はありません。だから、試合と同じように1球だけ使って、すべて違う場所から打つようにしました。それで、カップから遠い位置に乗ったことも想定したりして、ラウンドするのと同じイメージを持って練習してきました。目標を3アンダーに設定するなどして、長い距離でも、何が何でも2パットで決められるように、(常に試合を想定して)一球、一球、集中してやるようにしました」

 パッティング同様、菊地はショットからアプローチまで、そうやって練習の"質"を向上させて、技術的な強化を図ってきたという。

 菊地が改めて、そうした技術面の向上に励むようになったのは、昨年の富士通レディースでの出来事がひとつのきっかけだった。

 富士通レディースの最終日、単独首位に立っていた菊地は、終盤の17番、18番をパーでしのげば優勝できたが、まさかの連続ボギー。横峯さくらとアン・ソンジュとのプレーオフに持ち込まれてしまった。そして、プレーオフに向かう直前、菊地はその日バッグを担いでいた川口淳キャディーに、「そんなに2位ばっかりいらないんです......」と、なかば独り言のようにこぼしたという。

 すると、川口キャディーから返ってきたのは、驚きの言葉だった。「いや、(菊地が勝てないのは)ただ単に技術不足なだけだから」と。これから大事な戦いに挑む選手に対しては、ある意味、暴言とも思える返答だった。

 無論、川口キャディーに悪意ない。その言葉の真意を川口キャディーが説明する。

「あのコース(東急セブンハンドレッドクラブ・西コース)の17番(パー3)は、メンタルの弱い選手はティーショットで絶対に曲げるんです。でも彼女(菊地)は、優勝争いの中で最高のショットを打った。グリーン奥にこぼれはしましたけど、あの状況で、あのショットが打てるのであれば、決してメンタルは弱くない。彼女は(これまで自滅して負けてきたことを)そのせいに考えているように見えたから、そのことを強調したかったんです。

 それに、アン・ソンジュ選手もそこでグリーンを外して、同じようなアプローチを2打目に残していたんですが、難しいアン・ソンジュ選手のほうがOKの位置に寄せてパーを拾い、彼女(菊地)は寄せ切れずボギーにした。技術的な差で(アン・ソンジュ)に追いつかれて、敗れたんです。だから、(自滅して)結果が出ないのは、あくまでもメンタルが問題ではないんだよ、と(菊地に)伝えたかった」

 結局、プレーオフではひとホール目で唯一バーディーを決めたアン・ソンジュが優勝。菊地はまたも目前で優勝を逃した。

「あの試合(富士通レディース)が終わったときには、『もう(自分に優勝は)ないな』って思いました。そうそう、ああいうチャンスが巡ってくるものではないし、そのチャンスを何回も逃しているようでは、もうダメだなって......」(菊地)

 試合直後は、さすがに菊地の気持ちも萎えてしまったという。しかし、しばらくして、菊地は川口キャディーの言葉を思い出す。

「よくよく考えたら、今の自分は(川口キャディーが言うように)『単に技術が足らないだけ』って思えば、技術を上げれば今後、私にもまだチャンスがあるのかなって思えるようになったんです。そこから、『もう勝てないかもしれない』という萎えた気持ちが、もう後には引けないというか、『このまま勝てずに終わっちゃうのってどうなんだ』って、前向きなものに変わっていきました」

 以来、前述したように、これまでの練習を見直して、その質的向上を図り、技術面のさらなるレベルアップに取り組んだ。そして、その成果が見事KKT杯バンテリンレディスで実った。

「人前で喋るのは苦手ですけど、優勝スピーチができるのはひとりだけ。あの場所に立てて、『やっぱり、いいもんだなぁ』と思いましたね。また勝ちたい、とすぐに思いました」

 同トーナメントでも、菊地のバッグを担いでいたのは、川口キャディーだった。半年前の菊地と何が違ったのかを聞くと、同氏はこう答えた。

「アプローチとパットの技術。あと、それに裏づけされた自信ですね」

 菊地は5月27日現在、平均パット数2位(昨季52位)、リカバリー率(※)5位(昨季41位)という好成績を残して、賞金ランキングは2位。技術的な課題を克服し、自信をつけた今なら、これからさらに勝ち星を増やしていけるはずで、このまま一気に賞金女王を目指してもおかしくない。それだけの勢いが、彼女にはある。
※パーオンしないホールでパーかそれよりいいスコアを獲得した率

古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki