低気圧がやってくると、吐き気や頭痛、めまいといった症状に悩まされる人が多いのではないでしょうか。特に、これからの季節にかけては“台風”も起きやすくなってきますよね。低気圧に左右されない体になるためには、一体どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。低気圧が原因で起こる不調を和らげるためにするべき2つのことについてご紹介します。

「気象病」なんて言葉もある

雨や曇りになっただけで気分が落ち込む人もいれば、古傷が痛むという人もいるでしょう。これら全て“気象病”といわれる症状です。低気圧になると空気中の酸素濃度が低下しますから、それだけでも身体に大きな影響を与えます。また台風は低気圧が大きく発達したものですから、台風が近づく数時間の間に気圧は大きく下がり、それだけ体や自律神経に負荷がかかるのです。気圧の変化によってバランスの崩れた自律神経はパニックを起こし、その結果として、吐き気、めまい、だるさといった症状が起こりやすくなるのです。では少しでも気象病の症状を和らげるには、どのような予防をすれば良いのでしょうか?

気象病の予防法はある!

湯船につかってリラックス

気圧による体調不良は、血液・リンパ液などの体液循環不良や自律神経の乱れが原因となっています。自律神経に負担をかけないためには、お風呂に入って、体の芯から温め、自律神経をニュートラルにすることが大切です。血液の巡りをよくしておけば、低気圧がやってきても何とか乗り越えられるかも!?

規則正しい生活をおくる

もともと不規則な生活を続けているうえに低気圧がきてしまったら、体調が悪くなるのも当然。自律神経を整えるためには、普段から規則正しい生活をおくることが大切です。夜遅くまで仕事をしたり、夜食を食べたりしていると、気象病の症状はますます悪化しますよ!

低気圧に負けない体をつくるためには、日頃の生活習慣が重要になってくるのです。天気予報をみて「低気圧がくるから! 」と急に構えても仕方ありません。普段から規則正しい生活を徹底し、血流を促進させておくことで、低気圧がきても平穏に過ごせるようになるのです。台風が本格的にやってくる前に、規則正しい生活をおくるようにしましょう!


writer:山口 恵理香