「ウェブメディアの編集」を考えると、例えばこんなかたちもある。「Innovation Insights」オープンに寄せて

写真拡大

『WIRED』日本版が、IBMとともに立ち上げる「Innovation Insights」は、イノヴェイションをテーマにした「コントリビューターズ・サイト」だ。WIRED編集部、そしてIBMが、その思考の一端を伺い知りたいと考える、各分野の先端を走る「思考者=Thinker」たちにそのアタマのなかの「Insight」を開陳してもらうのが、本サイトの狙いだ。

「「ウェブメディアの編集」を考えると、例えばこんなかたちもある。「Innovation Insights」オープンに寄せて」の写真・リンク付きの記事はこちら
Innovation Insights:先端の「思考」が集まる場所

『WIRED』日本版がIBMとともに立ち上げた「コントリビューターズ・サイト」。各分野の先端を走るイノヴェイターたちや、コラボレーターであるIBMにおいてITビジネスの先端に立つ人たちの筆による「未来への洞察」を、ほぼ毎日更新中!

WIRED.jpに掲載される記事には、およそ3つのカテゴリーがあると考えている。

News、Story、そしてInsightの3つだ。ざっくりとそれらを定義するなら、こうだ。

Newsはある出来事の報告。Storyは、それらの出来事を束ねて、その背景などを物語として綴ったもの。Insightは、それらのNewsやStoryをさらに束ねて、そこから何らかの思考を紡ぎだしたもの(Insightは「洞察」と辞書上では訳される)。

人称による区分けをするなら、NewsとStoryは主に三人称で語られるが、Insightは一人称で綴られる。オピニオンやエッセイ、あるいはブログにおける文章、といった雑多な形式がここにはおそらく抱合される。

WIRED.jpのみならず、多くのウェブメディアでは、こうした文章形式上の区分けはさほど意識されずに混在しており、それがウェブの面白みを形作ってはいるのだが、いっぽうで、それぞれの形式がもたらす「価値」は、それぞれ異なるのではないか、ということはずっと気がかりだった。

News→Story→Insightという段階を経るに従って、その記事=アーティクルの価値をかたちづくるうえでの、書き手の「視点」の独自性が占める割合は高くなる。そして、その視点の独自性、ユニークさが強くなればなるほど、その記事には、別の価値が付加されていくというのが本来の筋と思われる。なにせ「ユニークな視点=面白いものの見方・考え方」というものは、世の中において貴重にして重要なものだ。

Insightを読むという行為は、言ってみれば、人の思考に直に触れるということだ。ブログやソーシャルメディアは、その可能性をダイナミックに広げたが、そうした「思考」を、ある基軸に従って編成し束ねることを価値とするメディアは、案外少ないようにも思える。海外の例でいうなら、その先鋒は「Medium」だろう。

『WIRED』日本版が、このたび、IBMとともに立ち上げた「Innovation Insights」というコントリビューターズ・サイトは、「イノヴェイション」をテーマに、Insightだけを掲載することに特化したものだ。ここには、Newsもないし、Storyもない。WIRED編集部、そしてIBMが、その思考の一端を伺い知りたいと考える、各分野の先端を走る「思考者=Thinker」たちに、そのアタマのなかを開陳してもらうのが、本サイトの狙いだ。

それは、しかし、一体サイトとしてどんな価値を生むだろう。それは、やっていくなかで見えてくるものだと考えたい。ひとつの思考が、別の思考を呼び込み、あるテーマをめぐって、insightがこの場において、深まっていくようなことを見ることもあるかもしれない。サイトの未来は、オープンエンドだ。

願わくば、このサイトに集うコントリビューター=寄稿者たちが、繰り返し訪れ、ここをもって新しいinsightを発表する場となり、そこにゆるやかな紐帯によって結ばれたコミュニティがかたちづくられていくことになれば嬉しく思う。

寄稿者たちによるテキストを「コミュニティ・コンテンツ」という名称で呼んでいるのにはそうした理由がある。同時に、ゆくゆくは「われこそは」という読者が、書き手としても参画できる仕組みも導入したいと考えている。

また、コラボレーターであるIBMからは、ITビジネスの先端で試行錯誤を繰り返しながら奮闘している方々の思考を読者のみなさんと共有したいというモチヴェーションに基いて、「スポンサード・コンテンツ」としてさまざまなInsightを提供していただくこととなる。

どんな分野のどんな職種であれ、真剣に時代と切り結ぶ人の「洞察」を知るというのは面白いものだ。それは、直接的には仕事やお金儲けの役には立たないかもしれない。けれども、間違いなくあなたの思考にパースペクティヴを与え、視野を広げてくれる。あなたのアタマをすっきりと整理してくれると同時に複雑さを与えてくれる。ありていに言えば、あなたの自身のinsightを、いっそう豊かにしてくれるのだ。

Innovation Insights