『アリのままでいたい』 ©2015「アリのままでいたい」

写真拡大

3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』が、7月11日から全国で公開される。

【もっと画像を見る】

長崎県在住の昆虫写真家・栗林慧が撮影を担当した同作は、世界で唯一の特殊カメラ「アリの目カメラ」で昆虫たちの世界を捉えた作品。カブトムシ、クワガタムシ、スズメバチなどの樹液を巡る戦いや、昆虫たちの生態を楽しむことが出来るという。現在公開中の予告編でも「アリの目カメラ」を用いて撮影された虫たちのクローズアップ映像を確認することが可能だ。

同作のメガホンをとったのは鴨下潔。撮影は430日にわたって行われたとのこと。主題歌は栗林と同郷の福山雅治の楽曲“蜜柑色の夏休み”を新たにレコーディングした“蜜柑色の夏休み 2015”となる。なお、昆虫の生態を解説するアニメーションパートの作画を漫画家・地獄のミサワが手がけている。