ウォームテックが日本の未来を救う!? トークイヴェント「量子マーケティングで可視化された『ポスト・クールジャパン』の行方」レポート

写真拡大

4月23日。『WIRED』日本版は、「量子マーケティングで可視化された『ポスト・クールジャパン』の行方」と題したイヴェントを実施した。日本が進むべき未来が示された(かもしれない)トークの模様を、登壇したスピーカーたちの言葉を中心にレポートする。

「ウォームテックが日本の未来を救う!? トークイヴェント「量子マーケティングで可視化された『ポスト・クールジャパン』の行方」レポート」の写真・リンク付きの記事はこちら

そもそも「量子マーケティング」とは何か。イヴェントはまず、この点からスタートした。

2014年末から2015年始にかけて、『WIRED』日本版は、「クールジャパンの『次』をみんなで考えよう」と題したアンケートを実施したが、その際に用いられたのが、Scanamind(スキャナマインド)という量子マーケティングエンジンであった。「量子力学の数理を応用する」Scanamindとは、一体どのような考え方から生まれ、どのような仕組みをもつシステムなのか。その点を、開発者であるクリエイティブ・ブレインズの鈴木一彦が解説した。

「Scanamindは、本人も答えようがない『無意識の概念構造』を、量子数理を用いて可視化するツールです。

人間の脳内プロセスには、意識と無意識の2種類があります。例えば東京から岡山へ出張するにあたり、新幹線を使うか飛行機を使うかは意識的に決定しています。一方、あるブランドを好きになるまでのプロセスは、無意識のうちに進行しています。『来週からソニーをやめてパナソニックを好きになろう』とは思わないわけです。

この脳内プロセスのうち、意識的に行われているのは5パーセントで、残りの95パーセントは無意識だとされています。つまり量的にも質的にも無意識が重要なわけですが、従来の手法では、無意識を調査することはできませんでした。

そこでScanamindでは、テーマに対してあらかじめ質問を用意するのではなく、回答者自らがつくった質問に、本人自身が直感的に回答するという手法を用いています。それを波動方程式という量子力学の数理を用いて「検算」することで、無意識の構造を可視化しているんです。

波動方程式から導き出されるのは、量子力学でいうところの「固有状態」です。これは、答えを演繹的に導き出すのではなく、『答えを入れたから答えがわかる』という、実に不思議なプロセスを経て浮かびあがってきた結論です。

『答えを入れたから、答えがわかる』というのは、因果が崩壊していると思いませんか? わたしたちが普段慣れ親しんでいるのは、『原因が法則に作用して結果を生み出す』という因果率に支配された近代科学の考え方です。ただよくよく考えてみると、因果率が万物の法則であるのならば、未来は常に決定済みのはずです。必ず原因が前に現れるわけですからね。でも、決してそんなことはありません。つまり近代科学では説明のつかない『状態』が、この世界にはあるということです。

これまで人類は、神さまの時代、法則の時代を生きてきましたが、これから先は概念の時代が来るのではないかと思っています。そうなることでようやく、近代科学では捉えられなかった『状態』を可視化したり構造化したりすることが、当たり前になっていくのではないでしょうか。その流れを牽引するのが量子力学だと、わたしは考えています。

ニュートンやガリレオは、自分たちが発見したものは天体法則だと考えていました。しかし、『原因、法則、結果』からなる近代科学のパラダイムは、その後の医学や心理学や経済学、あるいはマーケティング論を生み出しました。つまり現在の人間社会の法則は、ニュートンやガリレオが発見した物理的な運動法則からスタートしたといえると思います。それと同じように、量子力学はたまたま物理学の領域で発見されていますが、いずれ量子力学の考え方は、概念の法則として活用されていくのではないかと考えています」


無意識の構造を可視化するマーケティングエンジン「Scanamind」の開発者・鈴木一彦。「21世紀は概念の時代となるはずで、そのときには、量子力学が大きな役割を果たすはず」

鈴木の基調講演に続いて行われたのは、「可視化されたキーワード『ウォームテック』の可能性」と題されたトークセッション。「ウォームテック」とは、WIREDが行った「クールジャパンの『次』をみんなで考えよう」と題したアンケートの結果、この先日本が進むべきひとつの可能性として日本人と在日外国人の無意識から浮かびあがってきたキーワードである。

壇上には鈴木に加え、水口哲也(レゾネア代表/慶應義塾大学大学院KMD特任教授)と若林恵(『WIRED』日本版編集長)が上がった。まず水口はこう語る。

「『おもてなし』と『テクノロジー』が掛け合わさった日本ならではのサーヴィスやプロダクトや価値観を、鈴木さんがウォームテックと名付けてくださいました。このウォームテックという言葉は、英語圏の人からするとあまりピンと来ないかもしれませんが、日本人だったらよく理解できると思います。

『おもてなし』だけだと個人のマインドに近いと思うのですが、そこに『テクノロジー』が加わることによって、例えばウェルネスやメディカルツーリズムといったサーヴィスや産業として広がっていく可能性が膨らみますし、それこそ高齢化が進んでいる日本の社会にとっても、何かしらの解決策につながる可能性を秘めています。

日本の伝統文化が詰まっている温泉街に、日本的なクリーンさやおもてなしの要素を含んだ最新鋭のメディカル機器やサーヴィスを融合させると、世界的に注目されるメディカルツーリズムの拠点になるかもしれません。それこそが、ウォームテックなのだと思います」

一方『WIRED』日本版編集長の若林恵は、このような視点を披露する。

「今回のアンケートからは、『テクノロジー』という言葉に対する考え方が、日本人と海外の人とでは違うということが見えてきました。海外の人は、例えばユニクロのヒートテックのようなものを『ジャパンテクノロジー』と呼ぶけれど、それは最新テクノロジーという意味ではなく、身近に感じるテクノロジーということを指していて、『それがすごい』と言っているのだと思います。

例えば新幹線も、高速で走る技術に感銘しているのではなく、事故を起こさなかったり遅れなかったり、一糸乱れぬ車内清掃だったりといった、オペレーション全体を『ジャパンテクノロジー』と捉え、それをウォームテックと呼ぶことができるのだということを、今回のアンケートからは発見できたと思います」


議論は、Scanamindによって可視化された、在日外国人が日本について抱いている「無意識の構造」を元に進んだ。

トークセッション「『ウォーム×クリーン×テクノロジー』を体現する者たちの、次なる一手」の登壇者たち。右から水口哲也(レゾネア代表/慶應義塾大学大学院KMD特任教授)、寺尾源(バルミューダ代表取締役社長・寺尾玄)、河辺徹也(レクサスインターナショナル ブランドマネジメントGM)、俣野敏道(経済産業省 商務情報政策局 サービス政策課課長補佐〈総括担当〉)。

3つ目のプログラムとして用意されたのは、「『ウォーム×クリーン×テクノロジー』を体現する者たちの、次なる一手」と題したトークセッション。このセッションでは、「ウォームテック」の担い手だとWIREDが捉えている2つのブランドであるレクサスとバルミューダに加え、東京オリンピックに関わっている経済産業省の若き官僚に登壇いただいた。

まずは、レクサスインターナショナル ブランドマネジメントGM・河辺徹也がプレゼンテーションを行った。

「ブランディングにおいてレクサスは、常に五感を感じてもらえるような活動を行っています。日本のよさをプロダクトに盛り込むのも、そういった視点からといえます。例えばレクサスでは、水研磨という非常に手間がかかる手法を用いた塗装をすることで、最新テクノロジーでは生み出せない奥ゆかしい色合いを出しています。またまたパワーウィンドウの動きにも、ふすまを閉めるようなたおやかな所作を再現しています。

こういった部分は、あまり目立つことがないこだわりなのですが、『レクサスのよさは、インサイドアウトだよね。ドイツ車もクオリティが高いものが多いけれど、レクサスは、クルマのなかに入ると世界観がガラリと変わるものね』と、海外のデザイナーから指摘されることがあります。

テクノロジーだけで戦うのではなく、日本の感性をしっかり伝えていくこと、つまりは五感を通じて体感してもらうことこそが、日本的ラグジュアリーだとレクサスは考えているので、その追求を、今後も行っていきたいと思っています」

次にマイクを向けられたバルミューダ代表取締役社長・寺尾玄も、同じく五感について言及した。

「河辺さんが仰ったように、ぼくたちも『五感で感じられる家電』ということを意識して開発を続けています。バルミューダが2010年に生み出した『グリーンファンテクノロジー』は、自然界の風を再現しようということから開発がスタートしたプロジェクトです。それはすなわち、100年以上にわたって進化することがなかった『扇風機』を再発明することでもありました。

おかげさまでご好評をいただき、昨年は、念願だった日本製にこだわった『GreenFan Japan』というフラッグシップモデルも発表することができました。

ただ、このこだわりや感性は、日本人ならではの繊細なものだといえます。この感性を世界に対してどう伝えていくか、ということを、言葉も含めて、ぼくたちは考えていく必要があると認識しています」

さらに俣野敏道(経済産業省 商務情報政策局 サービス政策課課長補佐〈総括担当〉)も、こう続ける。

「おふたりの発言は、とても重要な視点だと思います。オリンピック担当としては、日本の特性でもある『五感』をどうやってカタチや言葉にしていくかという点は、深く考えなければなりません。個人的に感じているのは、日本のものを海外にもっていくことももちろん重要ですが、日本に来ないと感じられないものがある、ということも、もっと海外の人たちに知ってもらえるといいな、という点です」

それには体験と言語化が大切であり、それには今回のアンケートのような確認作業が役に立つはずだと、水口は締めくくる。

「以前、あるゲーム作品を世界向けに製作した折に、『ここには禅の要素が詰まっているね』と海外の人から言われたことがあります。こちらはそんなつもりはまったくなかったのだけれど、自然とそういう要素が出ていたのかなと。いまにして思うと、押しつけではなく、自然発生的に生まれたものだから、よかったのかもしれない。

今回Scanamindを使ったWIREDのアンケートでは、そういう自分の無意識が可視化されていくこと、海外の人がどう日本を見ているかという無意識が構造化されていくさまを確認することができました。そこから浮かびあがってきた『ウォームテック』や『クリーン』といった言葉は、きっと、これからの日本にとって重要な意味をもっていくことになるのではないかと思います」

プログラム終了後には、登壇者と来場者たちの交流の場が用意された。