前人未到34もの賜杯を受け、7連覇でその最多優勝記録の更新を目指して奮闘するが、周りは全部敵だらけなのだ!

大相撲夏場所(東京・両国国技館)の初日、横綱白鵬(30=宮城野部屋)が小結逸ノ城(湊部屋)に逆転負けした瞬間、場内に座布団が乱れ飛んだ――。

しかも、翌日の一般紙朝刊の一面に「白鵬、初日に土」の文字が躍る異例の扱いとなった。

白鵬が初日黒星となるのは、2012年夏場所以来、3年ぶりの異常事態だったからだ。「白鵬が負けた姿を見て思い出したのが、1991年のあの日のこと。時も同じく夏場所の初日、最強横綱と言われた千代の富士(現九重親方)が当時、まだ平幕だった貴花田、今の貴乃花親方(元横綱)に敗れ、引退を決意したからね」

この日、国技館を立ち去る相撲ファンの男性はしみじみ、そう語っていた。

その白鵬、今年に入って年内引退説が囁かれていたものの、先場所(大阪場所)で優勝し、千秋楽のインタビューで、「大阪の皆さん、また来年会いましょう」と、自ら引退説を否定。

さらに、夏場所が始まる直前、東京・高島屋のイベントに出席、

「(2020年の)東京五輪まで頑張れば、開会式で(横綱として)土俵に上がれるんじゃない?」

と壮大な野望をブチ上げていた。だが……。

「年齢的に考えて、東京五輪まで今の地位をキープするのは不可能。白鵬があえてそう言ったのは、逆に引退を意識しているからだよ」

と、ある親方が本誌に耳打ちする。

大鵬(元横綱)の記録を抜く34回の優勝をなし遂げ、今場所、35回目の賜杯を受けるべく、前人未到の2回目の7連覇を目指す最強横綱だが、黒星発進で前途に暗雲が漂い、再び引退の噂が囁かれ始めたのだ。

「場所前の時津風部屋への出稽古で、白鵬は同じく出稽古に来ていた逸ノ城と11番取り、全勝。角界では、これを"かわいがり"と呼んでいます。場所前の稽古で有望な後輩力士に実力の差を見せつけ、本場所で相手に恐怖心を植えつけるのは角界の常套手段なんです」(ベテラン相撲記者)

白鵬は逸ノ城に敗れたあと、報道陣に「恩返しされちゃったね」と、表面上は平静を装いつつコメントしていたが、"かわいがり"の相手にパワーでねじ伏せられ、土俵に突き落とされたのだ。

「あんな脆い白鵬は久しぶりに見た」(相撲部屋関係者)という声のほか、相撲評論家の三宅充氏も、こう感想を漏らす。

「白鵬が下り坂に入っているのは、昨年から言われていること。それでも誰も白鵬に勝てなかった。ただ、今場所初日の内容から見てもわかるとおり、隙さえあれば、白鵬に勝てる力士が出てきたということです」

白鵬と同じ伊勢ヶ濱一門関係者は、こう見る。

「長らく一人横綱として支え続けてきた疲れが、一気に噴き出したことが一つ。それから、あとは稽古不足です」

その"限界説"に加えて、白鵬に引退を迫る「包囲網」が、引退説の再燃に大きく関係しているという。

「逸ノ城に敗れたのも、実は、その包囲網と関係しています。横綱(白鵬)の黒星発進の背景には、角界の中で孤立している横綱の姿が見え隠れしているんです」(協会関係者)

いったい、どういうことなのか。

「白鵬はもともと、内弟子を連れてくるほど将来の親方業に意欲的でした。一方、白鵬が尊敬する父(モンゴル初の五輪メダリスト)は白鵬の帰化に反対しています。つまり、協会が親方は日本国籍に限るという規定を改正しない以上、白鵬が親方になる可能性はありません」(スポーツ紙記者)

当初は規約変更を期待していた白鵬だが、協会は規約変更に極めて慎重。「国際化」に反対する親方衆も多く、押し切られた形で昨年7月、北の湖理事長が規約変更はないと言明した。

「一人横綱時代に協会を支え続けてきたという自負があるだけに、裏切られたという思いが強かったんでしょう。それに、いくら勝ち続けても、日本人横綱への期待がかかる大関稀勢の里(田子の浦部屋)との取り組みでは、完全にアウエーの状況に置かれています」(前出のベテラン記者)

その流れから、審判部への批判が飛び出した。初場所の稀勢の里戦で、行事軍配が白鵬に上がったものの、物言いがつき、痛烈に審判部を批判。協会首脳やファンのほか、審判部をも敵に回すことになったのだ。

加えて、大阪(春)場所では15日間、支度部屋で毎日のように報道陣に背中を見せてダンマリを決め込み、マスコミとも対立。

「今では報道陣の取材に応え、雪解けムードにあるように見えますが、決して両者が和解したわけではありません」(同記者)

身内からも批判の声が噴出!

そんな中、白鵬から直に謝罪の言葉がないため、審判部とは一触即発の状態が続いているという。

「審判部長の伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)は、白鵬と同じように初日に負けて、そのままずるずるいって場所中に引退しています。審判部批判した白鵬を許せないという思いとは別に、同じ一門の横綱に対して、引退の引導を渡すのは自分の役目という気概があるようです。部屋の横綱である日馬富士にも絶えず、"引き際を考えろ"と言っている人ですからね」(審判部関係者)

こうして迫りくる包囲網に対して、身内からも批判の声が噴き出している。

「白鵬の後援会幹部から、"白鵬は変わった""最近の言動は品格に欠ける"という声が相次いでいるんです」(宮城野部屋関係者)

プロレス技のエルボー気味の立ち合いをしてみたり、完全に土俵を割った相手力士にダメを押したり……。白鵬がダメ押しして、危うく女性の観客と巨漢力士がぶつかりそうになったこともあったという。

春場所の千秋楽には、NHK解説者の北の富士氏(元横綱)からも「乱れている。聞く耳を持ってほしい」と苦言を呈されていた。こうなると、白鵬の味方はモンゴル人の後輩力士だけか……と思いきや、

「これまでモンゴル勢は一枚岩で、絶えず一緒に行動していました。ところが、関脇照ノ富士(伊勢ヶ濱部屋)や逸ノ城が、白鵬グループとは別行動を始めているんです」(前出の相撲部屋関係者)

その結果が先場所13日目と今場所の初日だという。

「これまで白鵬と当たるモンゴル力士は、どことなく先輩に遠慮する取り組みが目立っていました。ところが、先場所13日目に照ノ富士が、どちらが横綱かわからない取り口で下しました。そして今場所初日、逸ノ城が白鵬に土をつけました。照ノ富士の師匠は審判部長の伊勢ヶ濱親方。逸ノ城の師匠の湊親方(元幕内・湊富士)も審判部所属です」(同関係者)

相撲ファンのラジオパーソナリティ・大野勢太郎氏が、こう語る。

「特に先場所、照ノ富士に力負けしたのがショックだったはず。白鵬の美学からすると、同じ力士に連敗することは許されない。もし今場所、照ノ富士に敗れたら、自身、衰えを実感し、自ら"決断"するかもしれません」

となると、後半戦に突入した夏場所の最大の見どころは、やはり照ノ富士戦。

空前の記録を打ち立てた最強横綱が"決断"する歴史的瞬間が見られるかもしれない――。