イライラに効く!主婦が実践する6つのストレス解消法とは?

写真拡大

5月、6月は、なんだか気分がすぐれなくなる季節。ただでさえ、気分がどんよりしているのに、夫や子ども、仕事、友だち、親などと、主婦のストレスの原因は数知れず…。ストレス過多なこのご時世に、主婦が実践する日々のイライラを跳ね飛ばす方法を教えてもらいました。

元の記事を見る

5月、6月は、なんだか気分がすぐれなくなる季節。ただでさえ、気分がどんよりしているのに、夫や子ども、仕事、友だち、親などと、主婦のストレスの原因は数知れず…。ストレス過多なこのご時世に、主婦が実践する日々のイライラを跳ね飛ばす方法を教えてもらいました。

­

1 一人になる!

­

・トイレにこもる

「トイレにこもって、小声でブツブツ文句を言います。口に出すとスッキリしてくるので、雑誌をパラパラめくって、ジャーっと流せば元気になります」

­

・子どもを部屋から出す

「子どもを強制的に自分の部屋に行かせる。誰もいなくなったリビングで音楽を聴きながら料理や掃除をするとやさしい気持ちになれる」

­

・パソコンの前に座る

「ブログでグチったり、チャットをしたりしてイライラ解消。返事をもらえると元気がでる」

­

2 パーっといく!

­

・パーっと飲む

「昼間っからビールをベランダで腰に手をあてて一気飲み。そのあと昼寝すれば、子どもが帰ってくるまでにいい感じにスッキリしちゃいます」

­

・パーっと食べちゃう

「高級スイーツを子どもや夫が寝静まった深夜にこっそり一人でいただきます」

­

3 人と話す!

­

・日常とまったくかかわりのない友人とおしゃべり

「独身の友人とおしゃべりして、彼女の恋バナや昔話で盛り上がる」

­

・幸せそうな人に会う

「同じ悩みをもつ人と話すと『そうだよね』と盛り上がるけど、あとでズーンと落ち込む。逆にハッピーな人と話してその考え方にふれると『私もそう思える人になりたい』と刺激を受けるし、元気が出るような気がする」

­

4 頭を使う!

­

・心理学の本を読む

「心理学や行動学に関する本をむさぼり読む。『人間ってそういうものなんだ』と思うと心が落ち着いてくる」

­

・クイズやパズルをする

「ナンプレ(数独)をやる。難しい問題に集中していると、イライラがどこかに吹っ飛んで、問題がとけるとスッキリします!」

­

5 ここに行く!

­

・お風呂でゆっくり

「一人でお風呂に入るときには、自分の好きなシャンプーやソープ、バスボムなどを用意して、いい香りに包まれて癒やされます」

­

・お気に入りのショップ

「花屋さんで花を選んでいるとスッキリ。家に帰って新しいアレンジをしているうちにいやなことも忘れます」

­

6体を使う!

­

・マッサージ

「肩こりがひどくなるとイライラもひどくなる。オシャレなサロンより、ガッツリもんでもらえるところに行き、化粧がハゲそうなくらい徹底的にやってもらいます」

­

・掃除や片づけをする

「イライラしているときのほうが、思いっきりよく捨てられます。ゴシゴシふき掃除もして、たくさんのゴミ袋とスッキリした部屋を見ると気分が晴れます」

­

昼間っからベランダでビールを飲んだり、トイレにこもって文句を言ったり、深夜にこっそりスイーツを食べたり、化粧がハゲるほどの強いマッサージを受けたり…と、慎ましいけれど、なんだか笑ってしまうイライラ解消法は、家族を支える主婦が編み出したちょっとした現実逃避をする方法。やりくり上手の主婦が編み出したイライラ解消法、ぜひ参考にしてみてください。

­

写真© WavebreakMediaMicro - Fotolia.com

※出典:雑誌『Como』(主婦の友社)/「ママのイライラを解消する50の方法」より