気温も上がり、熱いと感じる日が多くなる季節が近づいてきました。熱くなると気になるのが“熱中症”。熱中症は、戸外で活動をしている時だけでなく室内でも起こります。体の異変に気付いた時は、すでに症状が進んでしまっているということも。ここでは、熱中症になるメカニズムや症状についてご紹介します。

熱中症はどうして起こるの?

人の体には体温の調整機能が備わっていて、熱くなると皮膚の表面から熱を放出したり、汗が蒸発するときの気化熱を利用して体温を下げようとします。ところが気温が体温よりも高くなってしまうと、熱を放出することができず、汗による調整に頼ることになります。気温ばかりか湿度も高くなってしまうと、汗をかいても蒸発しないので、体温の調整機能が奪われてしまいます。熱中症は、このように体が体温をコントロールできず、どんどん体温が上がってしまう状態なのです。

気になる熱中症の症状は4つある

熱中症の症状は、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つです。それぞれの具体的な症状を見てみましょう。

熱失神

高温や直射日光で血管が拡張し、めまいを感じたり、ひどくなると失神してしまう場合もあります。

熱けいれん

発汗により、血液中の塩分濃度が下がると、筋肉が痛みを持って痙攣します。熱い時に戸外で作業をしている時などに起こりやすく、特に腹部と脚の筋肉に起こりやすいです。

熱疲労

体内の塩分と水分が不足する脱水症状によって起こります。大量の汗をかき、顔色が青白くなります。めまいや頭痛、吐き気を伴うことが多いです。

熱射病

体の体温調整機能が異常をきたした状態です。皮膚が赤く熱っぽくなり体温が39℃を超える場合が多いです。意識障害や全身痙攣を伴うことが多く、緊急に対処しないと死に至ることもあります。

要注意! 熱中症は自分では気付きにくい

熱中症の被害が後を絶たないのは、その症状が自分では気付きにくいということが原因です。「何となく調子が悪い」、「少し気持ちが悪い」と異常を感じても、たいしたことはないと思っていると、熱中症の症状が進んでしまいます。炎天下に長時間いるのは避ける、室内でも適切にエアコンを使用するなどの熱中症対策は必要ですが、周囲の人同士で気を付け合うことも大切です。


writer:岩田かほり