『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン2』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

写真拡大

いよいよ7月4日(土)全国公開の映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。
大人気シリーズの最新作とあって公開前から話題になっています。

【画像】どうせアメコミ原作でしょ……と思ったらこれが面白い! 一級品のSFアクション映画『アイアンマン』!!

しかし、今作はシリーズ11作目。当然、これまで10作を観ているとより映画を楽しめます。

そこで、アベンジャーズ関連作品を観たことがないという方のためにこれまでの10作を一挙ご紹介。

今から観ればまだ『エイジ・オブ・ウルトロン』公開に間に合います!

アベンジャーズ関連作品(MCU)全体の大きなストーリーの中で、個々の作品の立ち位置と流れを中心に紹介します。

今回は、アイアンマン、ハルク、ソー、キャプテン・アメリカの登場作品をみていきます。
『アベンジャーズ』に繋がる、ヒーロー誕生の物語です。

あわせて、マーベル映画の世界観についても解説します。

アベンジャーズ関連作品とは?

そもそもアベンジャーズ関連作品とは何でしょうか。ざっくりと説明します。

アベンジャーズ関連作品とは「マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)」と呼ばれる世界観を共有する作品群のことです。

MCUとは、その名の通り、「マーベルの映画における宇宙(世界観)」のこと。

マーベルという、アメコミ出版社が作りだしたスーパーヒーローたちが活躍する世界です。

2009年にマーベルがディズニーに買収されたことで、マーベルのキャラクターはディズニーキャラクターになりました。

マーベルにはアイアンマンをはじめとするアベンジャーズの他にも、ウルヴァリンなどXメン、そしてスパイダーマンもいます。

しかし、大人の事情で、Xメンの映画化権は、マーベルとディズニーにはありません。

Xメンのいない(ミュータントがない)、マーベルの実写映画用世界として作られたのが、MCUです。

ちなみに、スパイダーマンもソニーに映画化権があるのですが、マーベルとの新契約により、スパイダーマンの新シリーズはMCUと世界観を共有、ヒーローが互いに出演できるようになりました!

実写映画用の世界観であるため『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』などアニメーションはMCUに含まれません。しかし、『エージェント・オブ・シールド』などのTVドラマはMCUに所属しています。

10作品トータルで興行収入70億ドル超
文字通り“世界最強” シリーズ

MCUの映画は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で11作目。

10作目までの全世界興行収入の合計は70億ドル(約8,400億円)を超えるという、世界最強のシリーズ作品になっています。

これらは個々の作品として独立していながら、同じ世界観で起こる出来事として、互いの映画に影響を及ぼしあい、伏線を張り合い、『アベンジャーズ』という節目のヒーロー大集結作品に向かって大きな話としても進んでいきます。

ですから、個々の作品を観ていくことで、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』がより楽しめるのです。

全ての始まり『アイアンマン』

2008年に公開されたMCU第1作目が『アイアンマン』。

実業家にして天才的な発明家であるトニー・スタークは、軍事企業スターク・インダストリーズ社長として、ミサイルなどを開発・販売していました。

しかし、ある出来事からトニーは軍事産業を辞め、自らの技術と資金を世界平和のために使用すべく、アイアンマンとして活動しはじめます。

自ら開発したスーツで戦うアイアンマンが誕生するストーリーです。

ハルク唯一の単独作品『インクレディブル・ハルク』

2008年公開の『インクレディブル・ハルク』は最強の巨人ハルクの誕生物語。

天才科学者のブルース・バナーは兵士強化の実験に失敗し、怒りの感情を抱くと狂暴な緑の巨人に変貌する体になってしまいます。

ハルクと、彼と同じ力を持つアボミネーションの戦いが描かれます。

ややこしいですが、2003年の『ハルク』はMCUに入らない別作品。

さらに、ブルース・バナー役は『インクレディブル・ハルク』と『アベンジャーズ』以降で役者交代が起こっています。

どれも別のハルクに見えてしまいますが、『インクレディブル・ハルク』は『アベンジャーズ』と同じハルクです。

アイアンマンの半年後『アイアンマン2』

2010年には早くもアイアンマンの続編『アイアンマン2』が登場しました。

アーマーを身に付けて戦うヒーローとして活動しながらも、自らの死が近いことを悟っていたトニー。

父ハワード・スタークがやったように、彼の技術を後世に伝える展覧会スターク・エキスポを開催します。

そこに現れる新たな敵。アイアンマンは更なる発明に励み、敵と戦います。

今作ではS.H.I.E.L.Dと長官ニック・フューリー、ウォーマシンも登場。『アベンジャーズ』に繋がる重要な作品です。

神話の世界も参戦『マイティ・ソー』

神々の国アスガルドの王子ソーが登場したのは2011年『マイティ・ソー』でした。

ソーの傲慢さに怒ったアスガルド国王オーディンはソーのパワーを奪い、「それにふさわしい人」しか持ち上げられないという雷槌ムジョルニアと共に地球に追放します。

一方アスガルドに残ったソーの弟ロキは得意の魔法で策をめぐらし…

これまで地球の科学による戦いだった世界。そこに突然神の魔法が入り込みます。

迎えるのは地球の天文物理学者セルヴィグ博士とジェーン・フォスター。

科学と魔法が共存する世界観が構築されていきます。

フィル・コールソンをはじめS.H.I.E.L.Dが動き、ホークアイも登場します。

そして何より、ロキの存在も見逃せません。

アベンジャーズのリーダー遂に登場
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アドベンチャー』

2011年、アベンジャーズに欠かせないリーダーがついに登場。『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アドベンチャー』の公開です。

時代は1942年。第二次世界大戦中のアメリカでは、愛国心は強いが体はひ弱なスティーブ・ロジャースが、兵士強化計画の実験台となり強靭な肉体を獲得。

アメリカのヒーロー、キャプテン・アメリカとして、レッドスカル率いる悪の集団ヒドラと戦います。

時代設定が現代であるアベンジャーズ作品に対して、この作品だけは70年前の物語。

兵士強化計画は後にブルース・バナー博士が再現に失敗してハルクとなり、作中に登場するハワード・スタークは『アイアンマン』トニー・スタークの父親、重要アイテムであるコズミック・キューブは元々『マイティ・ソー』の世界であるアスガルドのもの…

と、これまでの作品と一気に繋がってきます。

S.H.I.E.L.Dとヒドラの関係、ヒーロー同士の繋がりを知る上でもまさに歴史的な作品です。

全ては『アベンジャーズ』へ。エンドクレジットも見逃すな!

マーベル作品では本編が終わっても決して鑑賞をやめてはいけません。

エンドクレジット後のおまけ映像が恒例だからです。

そしてこのおまけ映像こそが、作品同士を結びつけるカギ。

個々の作品が一大プロジェクトに向けて動いていく様子をほんの何十秒かの映像で予感させていきます。

いよいよヒーローが集結。

MCUの壮大な物語は『アベンジャーズ』へと向かいます。