専門誌では読めない雑学コラム
【木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第5回】

 ゴルフは、英国生まれのスポーツですが、世界中に広まったときに、それぞれのお国柄というのでしょうか、独自の文化として育った側面があります。

 日本は、英国の伝統を継承しつつも、アメリカからも影響を受け、それをミックスして"日本式ゴルフ"が生まれた――そんなふうに思えます。

 じゃあ、日本独自のゴルフの部分って、あるのでしょうか?

 実は、結構あるんです。わかりやすいところでは、2グリーンの存在。ひとホールにふたつ、グリーンがあることです。

 日本は季節による気温の差が激しく、夏は熱帯のように暑くなり、冬は氷点下を記録するほど寒くなります。ゆえに、寒冷地を好むベント芝のグリーンをメインにした場合、それだけでは芝が傷んでしまうため、従来からある厳しい気候に強い高麗芝のグリーンを併用せざるを得なかったのです。芝の改良が進んだ今では、ベント芝のグリーンだけでも1年間耐えられるようになったので、新しいコースなどでは、2グリーンを見かけることはほとんどありませんけどね。

 何にしても、日本人からすれば当たり前の2グリーンですが、欧米人から見たら、かなり奇異に映るそうです。でも実際のところ、私は2グリーンのコースのメンバーになっていましたけど、「今日はベントなのか、高麗なのか、どっちのグリーンかな?」と、2度楽しめましたからね。個人的には、2グリーンが好きです。

 その他、日本独自の文化と言えば、おばちゃんキャディーや、ハーフラウンドを終えたあとの長い昼休み、といったところでしょうか。昼の休憩については、お金を使わせようという、ゴルフ場の魂胆が見え隠れしますね。

 翻(ひるがえ)って、本場英国の影響を色濃く受けているものはなんでしょう?

 それは、服装文化です。昔の英国じゃあ、背広を着てプレイしていたんですから、ジャケット文化は筋金入りです。あと、賭けや"ニギリ"の文化ですかね。これは、日本では賭博行為にあたるので、注意しましょう! 特にコンペで優勝者を占う「トトカルチョ」なんていうのは、厳禁ですよ!

 英国はゴルフ発祥の地ゆえ、ルールやマナーには厳しいようですが、「それじゃあ、あまりにも窮屈だ」と、レジャーとしてゴルフを楽しむ人々は、アメリカのスタイルに目を向け始めています。現在ではそれが、日本でもかなり広まりつつあります。

 アメリカンなゴルフは何がいいのか?

 まず素晴らしいのは、服装ですね。今年のマスターズのテレビ中継をご覧になりましたか? ギャラリーは、みんな短パンにTシャツという姿が多かったです。プレイするときだって、ジャケット着用の来場を義務づけているのは名門コースだけで、他はすごくカジュアルです。

 さらに、昼休みがなくて、プレイの途中にホットドックやハンバーガーを食べながらのラウンド。無駄なお金を使わなくて済むし、楽しそうです。日本では、北海道や沖縄県のゴルフ場のほとんどがこのスタイル。沖縄でラウンドする際、途中で食べるスパムおにぎりの美味しいこと! 夏場ぐらいは、このスタイルを本州のゴルフ場でも導入してほしいところです。

 また、ラウンドのやり方も、アメリカン・スタイルはアバウトで楽しいです。朝イチのティーショットは、「マリガン」と言って、2回打っていいほうのボールを選択できるという、特殊なルールを採用してプレイすることがよくあります。これは、ゴルフ場などで定めた「ローカルルール」というより、プレイヤーの風習みたいなもので、朝からOBを叩いたりして気分が悪くなることに対しての、"回避行動"と言えますね。

 進行上のルールが厳しい日本では、JRの電車の時刻表のごとく、各組が7、8分程度の間隔でスタート。その間隔を保って「ラウンドしろ!」と厳しく言われているので、なかなかそんなことはできません。ただ、そんな窮屈な"JR的な運行"で「プレイしろ!」と言われたら、ビギナーはせっつかれて、嫌になるでしょうね。ゴルフ人口が減ってきて、「若者はゴルフをしない」と叫ばれて久しいだけに、その辺は何とか解消したいものです。

 ちなみに、神奈川県の某ショートコースでは、ひと組ふたりでラウンドするときは、ひとりが2回打っていい、という暗黙のルールがあってびっくりしました。コース側は認めていませんが、常連さんがそうしているので、みんなが真似をしているのです。

 通常、ひと組4人でラウンドします。それがふたりなら、確かにひとりが2回ずつ打って、ちょうど4人がラウンドした計算になります。他の組の方々に迷惑がかからないのなら、いい練習になるでしょうね。もちろん、もしもそうしたラウンドを正式にやるとしたら、ゴルフ場との調整は欠かせないと思いますよ。

 とにかく言えることは、有意義でカジュアルなゴルフが、多くの人たちから求められているのは確かです。「目指せ、アメリカン・スタイル!」といったところでしょうか。

【プロフィール】
■木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa