Doctors Me(ドクターズミー)- ラーメン、パン、ケーキもNG!話題の"グルテンフリー"は体にいい!?

写真拡大

今、アメリカやオーストラリアなどで話題のグルテンフリーという言葉を聞いたことはありますか?グルテンフリーダイエットとして人気で、さらに健康志向の高い人にも人気があります。

今回は気になるグルテンフリーについて、メリットや方法などを医師に詳しく解説していただきました!

グルテンには中毒性がある?

まず、グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦などの穀物から生成されるタンパク質の一種です。例えば、パンやうどんに含まれ、もちもち感や弾力の素になる働きをしています。

グルテンフリーダイエットは、その名の通り、グルテンをとらないようにするダイエットです。グルテンには、中毒性があると予測されるため、グルテンをとらないようにすることで、食欲をおさえられ、無理にダイエットしなくても自然に健康的に痩せることができるとされています。また、無理をしないため、リバウンドもしにくくなります。

ラーメン、パン、ケーキもNG!米粉そば粉で代用を!

グルテンフリーダイエットでは、小麦粉はNGなので、一般的なうどんやお好み焼き、ラーメン、パン、ケーキは食べられません。ただし、米や蕎麦、もちなどはOKで、米粉、玄米粉、そば粉、大豆粉、刻んだアーモンドなどは使えます。これらを使ってつくられたものであれば、パンやスイーツも大丈夫で、はちみつやチョコレート、など甘みのあるものも上手に組み合わせて甘いスイーツも作ることができます。

グルテンフリーのメリットとして、同時に健康に害のあるトランス脂肪酸の摂取を防ぐことができる、という点があります。小麦粉を使ったメニューには、バター、砂糖、 マーガリン、ショートニングなど、トランス脂肪酸が多く含まれる食材が使われることが多いので、小麦粉を避けることによってこれらを同時に避けることができるというわけです。

また、小麦粉を使わないようにすることで、意識的に健康的なメニューをとれるようになることも挙げられます。

医師からのアドバイス

グルテンフリーはメリットばかりのように感じますが、食材を排除することで栄養が偏りやすくなるというデメリットもあります。また、あまりストイックに行うこともストレスにつながるため、グルテンフリーは適度にとりいれていくのがよいでしょう。