中川大志

写真拡大

内田春菊原作のドラマ『南くんの恋人〜my little lover』が年内にフジテレビで放送されることがわかった。

【もっと画像を見る】

1986年から1987年に『月刊漫画ガロ』で連載された『南くんの恋人』は、高校3年生の南くんと身長が突然16センチメートルになった堀切ちよみとの同棲生活と恋愛模様を描いた作品。1990年以来、これまでに3回にわたってドラマ化されている。

『南くんの恋人〜my little lover』は、深田恭子と二宮和也が出演した2004年のリメイク版以来、約11年ぶりのドラマ化。南の父の失踪がきっかけで数年間まともに会話をしていない幼なじみの南とちよみが、嵐の日にちよみが小さくなってしまったことをきっかけに同棲生活をスタートさせる、というあらすじだ。原作では冴えない高校生である南を容姿端麗で学力優秀なキャラクターに変更しているほか、原作とは異なるラストシーンが用意されているという。

主人公の南瞬一役を演じるのは、ドラマ『水球ヤンキース』『家政婦のミタ』『地獄先生ぬ〜べ〜』などで知られる中川大志。ムードメーカーでダンスが好きなちよみ役を映画『暗殺教室』『Zアイランド』などに出演している山本舞香が演じる。制作には、ドラマ『イタズラな Kiss2〜Love in TOKYO』のスタッフが再集結している。

■内田春菊のコメント
いただいた台本を読んでいて、現実にはむずかしいからこそ愛を誓うことが大切なのだということを痛感し、しみじみと感動(反省を含む)しました。
とてもロマンチックで感動的な仕上がりになるはずですので、みなさんどうぞお楽しみに。

■中川大志のコメント
原作の漫画や、これまでのドラマなど、沢山のファンの方がいる「南くんの恋人」で、南くんを演じさせて頂く事に、嬉しさと共にプレッシャーも感じていますが、今回は原作とは一味違う新しい南瞬一を、自分なりに演じたいと思います。小さくなってしまった女の子との同棲生活というファンタジックなストーリーですが、ちよみとの台詞の掛け合いなど、観ている人に共感して貰えるような、リアルな恋模様を作れるように頑張りたいと思います。

■山本舞香のコメント
あることがきっかけで小さくなってしまった堀切ちよみを演じます。ちよみはとても明るく、感受性が豊かで、大好きな南くんに小さい体で一生懸命に伝えようとします。普通の大きさの人と比べて、小さくなったちよみの生活がどれだけ大変なのか監督と相談しながら演じています。ちよみはダンス部に所属している子なのでダンスの練習もしました。ダンスは初めてなので足を引っ張らないように頑張ります!小さいちよみの不思議な生活や南くんとの関係を楽しみにしていてください。