Doctors Me(ドクターズミー)- 子どもの“おねしょ”の原因【夜尿症】って何?

写真拡大

いくつになっても、おねしょをしてしまう我が子に不安を覚える……という方、必読!ひと口におねしょといっても、じつは病的なものもあり、今回はその見分け方を解説。子どもが、なぜ睡眠中にお漏らしをしてしまうのか、そのメカニズムがわかれば自然と正しい対処ができるはずです。

病的か否かは年齢で区別

乳幼児がおねしょをするのは、腎臓や膀胱の機能が未発達ゆえにおこる、いわば生理現象。そのほとんどが、心配いりません。しかしいっぽうで、5歳になっても週2回以上、睡眠中にお漏らしをしてしまう場合は夜尿症と考えられ、治療の対象になります。つまり、病的か否かは、年齢によって区別できるのです。

夜尿症、5つの原因

1:夜間の尿量が多い
夜間の尿量をコントロールす上で重要になるのが、抗利尿ホルモン。これは脳から分泌され、昼間は少なく、夜になると多く分泌され尿を濃縮し、夜間の尿量が少なくなります。
抗利尿ホルモンの分泌リズムは本来、成長とともに整ってきますが、夜尿症の子どもの中には、昼間は普通の子どもと同じなのに、夜だけ抗利尿ホルモンの出方が悪く、そのため夜間の尿量が多くなっていることがあります。
ちなみに、抗利尿ホルモンは寝ているときに分泌されるので、間違っても、寝ている子どもを起こしてトイレに行かせたりはしないように。

2:膀胱容量が小さい
夜間の膀胱機能は子どもの成長とともに発達していきます。しかし、夜尿症の子どもの中には、膀胱の機能が未発達で、膀胱の容量が小さいことがあります。

3:心理的ストレス
6カ月から1年以上もの間なくなっていた夜尿が突然再開した場合、ストレスが原因になっている可能性も。ストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

4:睡眠障害
睡眠が深いため、尿意を感じても覚醒できないからと考えられています。

5:膀胱や腎臓に問題がある
この場合、昼間でもパンツが濡れるなどが見られることもあります。

おねしょ、夜尿症の正しい対処法

おねしょや夜尿症は、子どもの意思とは無関係に生じるものなので怒ったり、あせったりするのは逆効果。怒られたことで、自信をなくし、ストレスを感じるようになると、さらに悪化することもあります。