EUの「農薬規制」計画が中止された理由は、アメリカの圧力:英紙報道

写真拡大

EUでは「環境ホルモン」を含む31種類の農薬を禁止する計画だったが、米国が主導する環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)交渉の圧力を受けてとりやめになったと報道されている。この撤回は「TTIPはEUの健康と安全に関する標準を危うくするものではない」というEU自らの発言と矛盾するものだ。

「EUの「農薬規制」計画が中止された理由は、アメリカの圧力:英紙報道」の写真・リンク付きの記事はこちら

欧州連合(EU)は「環境ホルモン」を含む31種類の農薬を禁止する計画だったが、米国が主導する「環大西洋貿易投資パートナーシップ」(TTIP)交渉の圧力を受けて、計画が破棄されたと『ガーディアン』紙が伝えている

EUの規制草案では、内分泌攪乱化学物質(EDC、いわゆる環境ホルモン)を含む31種類の農薬を禁止することになっていた。EDCは、精巣腫瘍や男性の不妊症などに関連があるとされる化学物質だ。

2013年6月13日に行われたTTIP交渉の公式昼食会の直後に、米国経済界の代表団がEU当局を訪問し、EDCを抑制する規制を否決するべきだと要請した。6月26日の会議の議事録によると、欧州委員会の当局者は、「彼らはTTIPの成功を望んではいるものの、EUの標準を下げているとは思われたくないようだ」と述べている。とはいえ、その後まもなく欧州委員会は、米国の要請に従ったことになる。

(関連記事)家庭用殺虫剤が「胎児のIQ」に影響:研究結果

この撤回は、「TTIPはEUの健康と安全に関する標準を危うくするものではない」と繰り返してきた欧州委員会の約束を無視するものだ。例えば、2015年2月に作成されたTTIPにおける農薬に関する委員会のファクトシート(PDF)には、「TTIPによって農薬に対する食品の安全標準が下がることはない」と述べられている。ガーディアン紙の記事は、EDCを抑制する規制を「強化する」計画が阻止されたことを示しているが、TTIPがなければ導入されていたはずの将来の標準を下げることに等しい。

TTIP合意から得られるとされる経済的利益は、2027年に1,000億ポンド(約18兆8,000億円)になると推計されている。一方、ガーディアン紙が紹介しているハーヴァード大学研究者などによる「まだ公表されていない、この問題に関する非常に包括的な調査」によると、EDCは人々の健康に幅広い悪影響をもたらすため、そのコストはヨーロッパ全域で毎年1,130億〜1,950億ポンド(21兆2,400〜36兆6,500億円)にも及ぶと推計されるという。

この報告書が正しければ、より厳格な安全規則でEDCに対処することは、最も楽観的なTTIPに対する予測よりも、EUの経済をはるかに大きく押し上げる可能性があることになる。それでもなお、欧州委員会は、米国をなだめることのほうが重要だと考えているようだ。

※この翻訳は抄訳です。

TAG

Arstechnica UKEndocrineDisruptingChemicalsEUPesticidesTTPI