生物は、かくも「デザイン」されている:細胞、クマムシから宇宙まで、生命のデザインを語るトークセッション5/31開催 #WXD

写真拡大

【5/31「WXD」トークセッション開催決定!】
生命のデザイン、「バイオニック・デザイン」の可能性を探るべく、クマムシ研究で知られる荒川和晴(慶應義塾大学)、抗体デザインを手がける小川隆(MOLCURE)、米NASAで生命の起源を探る藤島皓介(NASA)による鼎談が実現する。生物の構造を追求するセッションは、新しい何かを生み出すヒントになるはずだ。

「生物は、かくも「デザイン」されている:細胞、クマムシから宇宙まで、生命のデザインを語るトークセッション5/31開催 #WXD」の写真・リンク付きの記事はこちら
WXD トークセッション
生命のデザイン、バイオニック・デザイン:細胞〜クマムシ〜宇宙の生き物のかたち

完売しました

日時:5月31日(日) 13:15 - 15:00(13:00開場)

場所:HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1F)

『WIRED』日本版が、5月10日から約1カ月間にわたって開催している一連のイヴェント「WXD(ワイアード・バイ・デザイン)」。5月31日には、3人の研究者たちを招き、「生命のデザイン」にまつわる特別トークセッションを開催する。

生物の構造に迫り、そのあり方をヒントに、新しい何かを生み出す。そうした「バイオニック・デザイン」の可能性を探るために声をかけたのが、荒川和晴、小川隆、藤島皓介の3人だ。

「世界最強の生物」ともいわれるクマムシ。「生きている状態」と「生きていない状態」を繰り返すわずか1mm以下の体には、生命とは何かを定義するためのヒントが隠されている。©KAZUHARU ARAKAWA

彼らが見ているのは、電子顕微鏡で覗いた向こうのミクロの世界から広大な宇宙空間まで、そのダイナミクスは非常に大きいが、「生命」のあり方とその構造を見つめているという点で共通している。

まず荒川和晴は、クマムシを研究対象に、生命とは何かを数学的に解析しようとしている研究者だ。周囲の環境に応じて「生きている状態」と「生きていない状態」を行き来するその境界を解析できれば、生命とは何か(どういう状態なのか)を定義することができる、というわけだ。

小川隆が率いるバイオロボティクス企業・Molcure(モルキュア)が取り組んでいるのは、抗体そのもののデザインだ。特定のがん細胞にのみ効果を発揮する抗体をつくり出す術を磨き続けている彼の見ている世界では、生命さえもデザインされる。そして当日、米マウンテンヴューからヴィデオチャットで参加する藤島皓介には、宇宙において繰り広げられている、生命とそのデザインを探る営為を語ってもらう予定だ。

気軽に会場に立ち寄って壮大なテーマを語り合う、そんな日曜日の昼下がりに、ぜひご参加を。

WXD トークセッション
生命のデザイン、バイオニック・デザイン:細胞〜クマムシ〜宇宙の生き物のかたち

完売しました

登壇者:荒川和晴(慶應義塾大学)、小川隆(MOLCURE)、藤島皓介(NASA(米航空宇宙局))/年吉聡太(『WIRED』日本版副編集長)

日時:5月31日(日) 13:15 - 15:00(13:00開場)

場所:HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1F)

定員:60名

参加費:2,000円(税込)

登壇者プロフィール:

荒川和晴/1979年生まれ。慶應義塾大学政策・メディア研究科特任准教授。専門は、バイオインフォマティクス、システム生物学。現在は、「生きている状態」と「生きていない」状態を行き来できるクマムシをつぶさに観察することで、生命現象とはいったい何なのかを定義しようとしている。

小川蓮1982年生まれ。MOLCURE CEO。慶應義塾大学先端生命科学研究所にて分子生物学とバイオインフォマティクスを研究。慶応義塾大学政策・メディア研究科非常勤講師を務めた後、MOLCUREを設立。バイオ・IT・ロボティクスを組み合わせ、開発困難な高機能抗体から一般的な抗体まで、あらゆる抗体を設計する事業を展開している。

藤島皓介/1982年生まれ。NASA(米航空宇宙局)エイムズ研究所所属。慶應義塾大学環境情報学部卒業、 同大学大学院修士課程修了、日本学術振興会(JSPS) 海外特別研究員などを経て、現職。研究対象は、生命の起源、火星探査及び移住計画、サンプルリターン計画、古細菌、合成生物学全般。

「未来のデザイナー」7人が集結! WXDカンファレンス 6/6に開催

あらゆるものが「デザイン」の対象となったいま、これから求められるのは「あたりまえ」を疑う力だ。新たな視点で世界をとらえるためのマインドセットを、NewDealDesignのガディ・アミットら、7人のデザイナーに学ぶ。詳細はこちらから。

WXD特集サイト:「デザイン」をリデザインする25の視点

デザインは、いまのあたりまえをちょっとずつ疑う方法であり、実験だ。3月10日に発売された雑誌の特集「ワイアード・バイ・デザイン」では、デザインの領域を拡張し、新しいものの見方を提示する25の事例を掲載している。そこで紹介したデザイナーや企業サイト、その関連動画や参考書籍をまとめて紹介。