スマホ、PCそれぞれのインターネット利用者数の変化

写真拡大

視聴行動分析サービスのニールセンは2015年5月26日、最新のインターネット利用動向を発表した。それによると、スマートフォンからのネット利用者数は15年4月時点で4832万人となり5000万人に迫る規模に成長した一方、パソコン(PC)からの利用者数は5100万人と14年7月以降、横ばいで推移している。

高齢者層でスマホが普及する段階へ

ニールセンは、同社のスマートフォン視聴率情報「ニールセン・モバイル・ネットビュー」とPC版インターネット視聴率情報「ニール セン・ネットビュー」のデータをもとに、ネット利用の動向を調査した。

スマートフォンからのネット利用者数は継続的に増加しているが、平成26年(2014年)度の増加率は19%で、前年度の41%増よりスピードは鈍化している。

ニールセンのエグゼクティブアナリスト、中村義哉氏は「スマホは若年層への普及が一段落して高年齢層へと普及する段階に入った」とみている。「人口を考えるとパイは大きいが、画面の大きさやリテラシーの問題も相まって、その普及スピードは若年層の場合と比べてスロー。しかしながら、現在でも前月比1%ペースでは増加しており、このままのペースが続いていけば、15年夏頃には(スマホによるネット利用は)5000万人を超える規模に成長する。PCが5100万人程度で横ばいに推移している状況を考えると、冬頃には、スマホからの利用者がPCからの 利用者を超える可能性も考えられる」という。

ネットの利用時間をみると、15年4月にはPCから1日あたり54分インターネットが利用され、スマホからは同1時間48分。PCは前年同月比3分(5%)増とほぼ横ばいの一方、スマホは8分(7%)増だった。

性別・年代別のスマホからのネット利用時間では「29歳以下の女性」が最も長く、1日あたり2時間24分。次いで「30代の女性」の1時間52分で、全体では、女性が男性よりも長く利用する傾向があることが分かった。