写真提供:マイナビニュース

写真拡大

1997年9月〜1998年8月に放送された特撮TVドラマ『ウルトラマンダイナ』がBlu-ray BOX化を果たし、2015年9月25日にバンダイビジュアルから発売されることが決定した。

『ウルトラマンダイナ』は「平成ウルトラマン三部作」の第二作として制作され、前作『ウルトラマンティガ』から7年後の世界が舞台。主人公のアスカ・シン/ウルトラマンダイナ役を俳優のつるの剛士が務め、未知の世界に挑むフロンティア時代を迎えた人類だったが、突如その火星開拓基地を謎の球体(スフィア)によって攻撃を受けてしまう。苦戦を強いられる防衛チーム・スーパーGUTSの窮地を救ったのは、ティガのあとを継ぐ光の戦士・ウルトラマンダイナで、新たな未来に希望を持って進む人類の姿が描かれた。

今回のBlu-ray BOX化にあたり、つるのは「『ウルトラマンダイナ』は僕の原点」と話し、「すべてがここから始まり、今もアスカとともにまだ見ぬ未来に向かって光の中を歩み続けています。このブルーレイでもう一度、アスカの冒険と未来への旅立ちをしっかり目に焼き付けてください。ラジャー!!」とコメントを寄せている。

『ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX』は、『ウルトラマン』『ウルトラマンティガ』『ウルトラセブン』に続くBlu-ray BOX化の第4弾で、ビデオ原版がオリジナルとなる本作を、現在の最良の技術でHDアップコンバート。さらにノイズ除去などブラッシュアップを重ねた「HD Remaster2.0V」仕様となっている。

TVシリーズ全51話に加え、今回初のHD化となる劇場版『映画 ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』とOV『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー(完全版)』を収録した10枚組となる。また、特典Blu-rayには、新規撮り下ろしを含む「スーパーGUTSメカクロニクル」や『ウルトラマンダイナ メモリアルボックス(TVシリーズDVD-BOX)』および劇場版、OV(DVD-BOX)に収録された映像特典を余すことなく収録している。特製収納ボックス&ピクチャーレーベルは新規撮り下ろし、「オールカラーブックレット(24ページ)」が封入特典となっている。価格は4万5,000円(税別)。

(C)円谷プロ
(C)1998 ウルトラマンティガ&ダイナ製作委員会