「心の知能指数」を高くする!まわりから好かれるために、あなたがやるべき10のコト

写真拡大

“心の知能指数”という言葉をご存知でしょうか?これは、自分や相手の感情を理解できる能力のことを指し、IQ同様に開発が可能なのです。
Elite Daily」のライターAlexia LaFata氏は、著名な心理学者が提唱する心の知能指数をあげる方法を紹介しています。
あの人がまわりから好かれている理由は、高い心の知能指数を身につけているからかも知れません。

 

th_shutterstock_188889449

心理学者で『なぜ心の知能指数がIQより大切なのか?』の著者でもあるダニエル・ゴールマンは、心の知能指数を高める方法を「The New York Times」に寄稿しています。
ここでは彼の記事を参考に、心の知能指数を高める10の方法を紹介していきます。よい親になりたい人、パートナーや友だちとの関係をよくしたい人、まわりから好かれたい人は必見です。

01.
「困った時や、つらい時に」
人にうまく頼る

自分の強さと弱さは自覚して、一人でできないことがあることを恐れないでください。問題は抱え込まずオープンにして、まわりに頼れることを忘れずに。

02.
「この気持ちはどこから来た?」
自分の感情を冷静に分析する

いま、自分がどんな気持ちなのか?なんでそう思っているのか?を俯瞰して冷静に理解するように。何が起こるとそのような気持ちになるのか知っているので、未然に防ぐこともできるのです。

03.
「つらいことは誰にでもある」
前向きな反省をする

人生の荒波がやってきてもビクビクせず、落ち着きましょう。つらいことが起きたら、まずはその感情を抱きしめて少し休みます。そしてどうしてそうなったのか後ろ向きな後悔をするのではなく、前向きな反省をして次に活かすのです。

04.
「イヤなことでもしっかりと」
相手に真摯に伝えられるようにする

th_shutterstock_138353099

怒りに身を任せて相手に伝えてしまったり、イヤなことがあっても言わずにそのままにしておく。これは問題を解決するのには非効率的です。
誰かにイライラさせられたら一旦感情は置いて「自分はなぜ不快なのか、何をされたくないのか」を真摯に伝えましょう。それこそが人間関係を解決する最も早くて効果的な方法。

05.
「どんなに失敗を繰り返しても」
すぐにあきらめない

小さな失敗は大きなゴールを達成するまでに、何度も繰り返しおこるもの。物事への熱意さえあれば、どんなに多くの失敗を経験しても乗り越えられます。人生の指揮官は、他でもない自分。コントロールできることを忘れてはいけません。

06.
「経験が豊富だからこそ」
多くの視点を持つ

つらい経験や悲しい経験をしたからこそ、相手が悲しい時の気持ちも理解できるもの。たくさんの経験をしている人は、相手の立場にたって適切なコミュニケーションができます。それぞれの状況ごとに、多様な視点でアドバイスすることを心がけましょう。

07.
「ひとりよがりにならない」
相手の気持ちに共感する

th_shutterstock_209392105

人の気持ちがわかるようになると、自分がやりたいことを相手に押し付けるのではなく、相手の本当に欲しいものや喜んでくれることがわかります。するといつアクションを起こせばいいのか、または黙っておくべきタイミングが分かるのです。

08.
「いつでも、だれにでも」
優れた聞き手である

相手の気持ちや新しいものの見方を理解したいと思っているから、他人の話しに耳を傾けることができます。「言いたいことはわかったよ」と伝えて、会話を中断したりコントロールしようとしません。相手を尊敬し耳を傾けるから、話し手は心を開いてくれるのです。

09.
「長ったらしく話さない」
シンプル&クリアに伝えられるように

まわりの人に、言いたいことややりたいことを理解してもらうには、シンプルで明白に伝えるべきです。結局、何が言いたいのかわからない話ほどつまらないものはありません。話す前に一旦立ち止まって整理しましょう。

10.
「あなたがいるだけで」
笑いのスキルを身につける

いつも人に囲まれて楽しそうにしている人は、まわりの人をリラックスさせるためにジョークを言ったり、自分のキャラを場に合わせてつくったりしています。笑いは相手とコミュニケーションをする上での潤滑油となります。

Licensed material used with permission by Elite Daily