Instagram用食器まで登場した「料理写真のワザを磨くワークショップ」の中身(動画あり)

写真拡大

「Instagram」に投稿する料理写真をレヴェルアップする手法を学ぶワークショップが、いまイスラエルで人気だ。料理を「最高の見せ方」で提示するため、写真撮影専用の特注の皿も使用されている。

「Instagram用食器まで登場した「料理写真のワザを磨くワークショップ」の中身(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Instagram」に投稿する料理写真を次のレヴェルに引き上げるワークショップを、イスラエルのワイナリーが開催している。

カーメル・ワイナリーは、新世代の料理とワインファンたちを結びつけるためのイヴェント「Foodography(フードグラフィ)」を提案している。食事体験と写真ワークショップが組み合わさったこのイヴェントでは、参加者たちが美しく盛り付けられた料理を食べながら、プロのアドヴァイスを受けて、料理撮影の技術を磨く。

同ワイナリーでは以前から、ワインのために構成されたメニューを中心に、一連のグルメディナーの写真をInstagramに掲載している。そこで使用されているのが、食事をする人が、Instagram向けに最高のアングルで料理を撮影できるようにする特注の皿たちだ。

たとえば、「Limbo」という皿は、奥の部分が高くなっていて、手前にiPhoneを差し込むスロットが付いている。このデザインは、「連続した背景」をつくり出して、背景の邪魔な要素をなくすためのものだ(すべてが真っ白な背景のなかでモデルを集中して撮影するような感じだ)。

「The 360」という皿は、陶芸家が使用するロクロのようなスタイルで、皿の部分が回転する。料理の動画を作成するためのデザインであり、ソースをかけながら撮影するといいだろう。これも、手前に携帯端末を差し込むスロットがある。

これらの皿は、陶芸アーティストのアディ・ニッサニがデザインしたものだ。ワークショップでは、イスラエルの料理写真家ダン・ペレツが、料理の撮影技法について教えてくれる。

この体験ワークショップの参加費はおよそ100ポンド(19,000円)だが、すでに完売状態となっている。このワークショップで撮影された写真は、「#FDGR」というハッシュタグ付きで投稿されているので、チェックしてみよう。

関連記事料理の評価は「皿の向き」で変わる:実験結果

TAG

FoodInstagramIsraelPhotoVideoWIRED UK