Doctors Me(ドクターズミー)- 【永久保存版】出産を控えるママのために。出産時に役立つアイテム!

写真拡大

出産をひかえて、もうすぐ産まれてくる赤ちゃんの事を思い浮かべながら、出産に必要なものをそろえるのって楽しいですよね。

そこで、出産時に必要なものはどんなものがあるのか、ママさん医師に聞いてみました!

入院時必要になるもの

・母子健康手帳
・病院の診察券
・健康保険証
・印鑑

破水した!など、すぐ病院に行かなければ行けないときでも、これだけは持っていけるよう、まとめて目の付く場所に置いておくと良いでしょう。

出産に備えておきたいもの

陣痛時アイテム
・ペットボトル用のストロー
 陣痛が始まってから、赤ちゃんが誕生するまでは長丁場になるため、水分補給が必要ですが、寝ながらでも水分補給ができるように、あると便利。
・うちわや保冷剤
 体が熱くなるため、あると便利。
・テニスボール
 陣痛を和らげるために、テニスボールで肛門圧迫することが有効。

産後、入院時アイテム
・洗面用具
・バスタオル、ハンドタオル、フェイスタオル
・授乳口付きパジャマ
 洗い替え用に、最低2セットは用意。
・授乳用ブラジャー
・産褥ショーツ
・産褥(さんじょく)パッド、ナプキン
・ウエストニッパー、産後ガードル
 産後、すぐに骨盤を締めるため。

退院時アイテム
・退院時の洋服
・マザーズバッグ
・キャリーケープ、だっこひも、おんぶひも

授乳に必要なもの

母乳時アイテム
・母乳パッド
・清浄綿
 赤ちゃんにおっぱいを飲ませるときに、乳首を拭くのにも役立ちます。
・搾乳器
 必要であれば、退院してからの購入でも構いません。
・授乳クッション

ミルク時アイテム
・ミルク
 母乳を考えられている方でも、イザというときのために小缶を1缶用意しておくと安心。
・哺乳びん
 小さいサイズと大きいサイズ、またプラスチック、ガラス製のものをそれぞれひとつずつ。
・哺乳瓶洗い、哺乳瓶用ブラシ、哺乳乳首用ブラシ
・哺乳瓶消毒器
・ミルクケース

赤ちゃんに必要なもの(身につけるもの等)

・紙おむつまたは布おむつ、おむつカバー
・おしりふき
・おしりライナー
・ベビーウエア
・短肌着(4〜5枚)
 どの季節に産まれた赤ちゃんにも必要と考えます。おすすめはガーゼ地のもの。肌触りがよくて、通気性に優れています。基本は、すべて綿100%のものがよいでしょう。サイズは、50〜60ですが、すぐに着られなくなるので、最初は少ない枚数を購入して、こまめに洗濯するのが経済的。
・長肌着(4〜5枚)
 短肌着と一緒に着せます。
・コンビ肌着(2〜3枚)
・靴下(2〜3足)
・スタイ(2〜3枚)
・ガーゼ(2〜3枚)
・おくるみ
・ツーウェイオール(2〜3枚)
 新生児期にはベビードレスとして活用でき、その後は、カバーオールにも。50〜70のサイズがおすすめ。
・ベビードレス
 退院時やお出かけの際に1枚あると便利。
・帽子(1つ)
 綿のニットで伸びるタイプがおすすめ。
・ミトン
 顔などを爪でひっかいてしまわないために用意しておきましょう。

赤ちゃんに必要なもの(自宅ケア)

お風呂アイテム
・ベビーバス
・湯温計
・沐浴剤
・ベビーソープ、ベビーシャンプー

お休み時アイテム
・ベビーベッド、ベビーベッドガード、ベビー布団 、ベビーシーツ
・おねしょシーツ
・スリーパー、ベッドメリー
・ベビーラック

日用品アイテム
・スキンケア用品(ベビーオイル、ベビーパウダー)
・ベビー綿棒
・ベビー用つめきり
・体温計
・ベビーブラシ
・おむつ用洗剤、肌着用洗剤
・鼻吸い器

外出時アイテム
・A型ベビーカー
・チャイルドシート

医師からのアドバイス

以上のアイテムがあれば、なにかと忙しい、出産直前、直後も慌てることなく、スムースに育児や、ご自身のケアに専念できるのではないでしょうか。体の自由がきくうちに、必要なものを徐々にそろえておきましょう。

(監修:医師 佐藤 留美)