『ヒックとドラゴン2』/公式Webサイトより

写真拡大

国内では劇場未興行の2D/3Dアニメ映画『ヒックとドラゴン2』が、8月8日(土)に東京・上野恩賜公園噴水前広場にて無料上映される。

【国内未興行のアニメ映画『ヒックとドラゴン2』野外スクリーンで上映!の画像・動画をすべて見る】

これは、東京都台東区で2008年より開催されている日本初の本格コメディ映画祭「したまちコメディ映画祭in台東」のカウントダウンイベントとして、映画祭開催前から会期中にかけて区内各所で開催される「まちかど映画会」の一環として実施。今回上映されるのは、2Dの日本語吹替版となっている。

人間とドラゴンとの友情を描いた待望の続編





『ヒックとドラゴン2』は、イギリスの児童文学作家・クレシッダ・コーウェルさんの同名の作品を原作とした映画『ヒックとドラゴン』の続編。ドラゴンと戦うバイキングの村の少年・ヒックと、傷ついて飛べなくなったドラゴン・トゥースとの友情、冒険を描いたファンタジーアドベンチャー作品だ。

2014年6月にアメリカで公開され、その後世界37ヶ国で初登場1位を獲得。ゴールデングローブ賞やアニー賞といった数々の映画賞を受賞したほか、2015年アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされるなど、世界中のファンから注目を集めている。

国内では、7月3日(金)にDVD・Blu-rayでリリースされるほか、レンタル配信もスタートする予定となっている。

なお、「まちかど映画会」では前作『ヒックとドラゴン』も上映されるほか、『男はつらいよ 寅次郎紅の花』 『E.T.』 『マジック・ツリーハウス』など、大人から子どもまで楽しめる作品が区内各所で上映される。