テニスコートは、異なる国や様々な世代の選手たちの人生が交わり、共鳴しあう場所である――。錦織圭とポール=アンリ・マチュー(フランス)は過去に2度、テニスプレーヤーとしての足跡を交錯させてきた。

 1度目は、2009年1月のブリスベン国際。両者は3回戦で対戦し、錦織がストレートで敗れている。マチューは当時世界ランキング31位の26歳で、錦織は61位の19歳。この試合の前日、錦織は当時20位のトマシュ・ベルディハ(チェコ)を破ったものの、試合直後から右ひじに痛みが発生。マチュー戦は、痛みと不安を抱えながらの戦いであった。この試合から約2カ月後、錦織はひじの故障のため戦線を離脱。コートに戻ってきたのは、約1年後のことである。

 2度目の対戦は、2012年4月のモンテカルロ・マスターズ。この時の両者の立場は、3年前とはまるで異なっていた。錦織のランキングは17位。対するマチューは352位。前年にひざを手術したマチューは、1年以上のツアー離脱から復帰したばかりだった。この時の勝者は錦織。それ以降、マチューはトップ100までは戻るものの、最高12位に達したかつての輝きを取り戻すことはなかった。

 そして、3度目の対戦となった今回の全仏オープン開幕戦。マチューは123位で、ワイルドカードを得ての出場だ。対する錦織は、今や押しも押されもせぬ第5シードで、優勝候補にも名前が挙がる世界のトップ選手である。

「今年が、最後の全仏オープンになるかもしれない」

 開幕前に引退の可能性をほのめかしていた33歳のベテランは、地元ファンの大声援を追い風に、チャレンジャーとして錦織に向かってきた。第2セットでは、全盛期を彷彿とさせる強打を次々に叩き込み、錦織のサービスゲームを2度もブレーク。しかし、大会第5シードはその度に、堅牢な守備と重いスピンを掛けたフォアで、相手に傾きかけた流れを断ち切る。最後は勝負どころの第12ゲームをブレークし、追いつ追われつの第2セットを錦織が取りきった。

 2セットを先に奪われては、もはやマチューに抗(あらが)う力は残っていない。第3セットは、錦織の独壇場だった。第4ゲームでは左右に強打を散らすマチューの猛攻をすべてしのぎ、前掛かりになった相手の頭上をロブで抜いてブレーク。胸をそらし、誇らしげな顔でガッツポーズを掲げる錦織を横目で見やりつつ、33歳のベテランは肩を落とし、敗北を悟ったように首を振った。

「2セット目の最後など、大事なゲームで集中力を高めてプレーできた」

 表情を変えずに淡々と盤石の勝利を振り返る世界5位は、3年前のマチューとの対戦のことは「あまりよく覚えていない」と言う。

 一方のマチューは、「3年前と比べると、彼(錦織)はものすごく成長している」と称賛を惜しまなかった。「もっとも、ここ数年の彼のプレーは、ほとんどテレビで見たものだけどね。だって僕は、彼と同じコートにはあまり立てなかったから」

 ここ2〜3年の大半をチャレンジャー(下部大会)やATPツアー250(ツアーの中で一番グレードが下の大会)で過ごしてきたマチューは、そう言って自嘲ぎみな笑みを浮かべた。

 月日は誰にも等しく流れるが、その流れがもたらすものは、時に残酷なまでのコントラストを描く。

「彼のボールは、とても速い。特にフォアハンドの打球は、多くの守備的なスペイン選手たちと比べると明確だ。彼は非常に攻撃的。スピードがあって、動きがとても速い。そして、クレーでのスライディングも体得している」

 錦織のクレーでの強さに言及すると、マチューはきっぱり断言した。

「ローラン・ギャロス(全仏オープンの別称)で優勝するポテンシャルが彼にあるのは、間違いない」

 今後、ふたりのキャリアが交わることは、もうないのかもしれない。それでも、それぞれの戦いは続いていく。

 開幕前に引退も示唆していたマチューは、今後の予定について聞かれると、「ウインブルドンの予選に出る」意向を明かした。

「もし誰かが、『君は33歳にしてウインブルドンの予選に出るよ』と言ってきても、僕は信じなかったろう。でも僕は、今年初めてウインブルドンの予選に出るよ」

 一方の錦織は、全仏2回戦でマリンコ・マトセビッチ(オーストラリア/100位)とトマス・ベルッチ(ブラジル/40位)の勝者と対戦する。

「マトセビッチはクレーコーターではないので、まあ、そんなに......。ただ、ベルッチは優勝しているし(クレーで4大会優勝)、ローマでも良いテニスをしていたし、左利きなので、特にクレーでは難しい相手になると思います」

 来たる次の対戦(日本時間5月27日夜予定)を、錦織はそう分析した。

 ひとつの戦いを、次の瞬間には過去として、錦織は前のみを見て、歩みを進める――。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki