「空気と水」をディーゼル燃料に変える技術が登場!

写真拡大

もうガソリンは必要ないのだろうか。「空気と水」を混ぜるだけで燃料ができてしまう、そんな驚きの技術が発表された。開発を行ったのはドイツの自動車メーカー「アウディ」と、エネルギー関連企業「Sunfire」、そしてスイスのCo2を扱う技術企業「Climeworks」だ。

必要なのは水と二酸化炭素。800度を超える高温処理によって電気分解を行い、分解と加工を施して炭化水素をつくる。燃料はE-dieselと呼ばれており、ガソリンやディーゼル燃料に混ぜても使えるようだ。
価格はレギュラーガソリンよりも高くなるようだが、硫黄が含まれていないため環境汚染も少ない。ドイツの自然エネルギーシステムで生まれた余剰電力分を有効利用できる可能性もあり、今後の普及が期待されている。販売開始は来年を見据えているそうだ。

ドイツのワンカ教育研究相は「二酸化炭素から人口のディーゼル燃料が作れるようになったことは、大きな成功」と述べ、自身の持つAudi A8に5リットルのeディーゼルを給油した。

Reference:Audi Deutschland
Licensed material used with permission by Vocativ