「天然」遺伝子組み換え作物は存在する:研究結果

写真拡大

自然のなかで、種を超えた遺伝子組み換えが行われていることが、国際的な研究チームによって発見された。しかも、この「自然な」遺伝子組み換えのメカニズムは、科学者たちが人為的な遺伝子組み換えを行うメカニズムと同じだというのだ。

「「天然」遺伝子組み換え作物は存在する:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

サツマイモは“自然の遺伝子操作”を受けている。内部に他の種(この場合はあるバクテリア)に由来するDNAの断片を含んでいる、という意味だ。国際的な研究者チームが、『PNAS』紙上でこのことを発表している

彼らは栽培されている約300種に加え、数種の野生の植物のゲノム分析を行い、アグロバクテリウムに由来するすべての遺伝子配列を調査した。見つかったバクテリアは、バイオ技術者たちが人為的に遺伝的変異を起こすのに利用しているものと同じものだった。

発見されたDNAは、T-DNAと呼ばれる、遺伝子導入に特化したアグロバクテリウムのプラスミドの一部だ。このDNAは、実験室で遺伝子組み換え植物をつくり出すために使われるのと同じものである。

「サツマイモの中にアグロバクテリウムのT-DNAが天然で存在していること、そして進化におけるその安定的な遺伝は、さまざまな種を隔てる障壁の間でDNAが交換される可能性があるということを示す、大変すばらしい例です」と、論文の著者の1人、ベルギーのゲント大学のリーフェ・ゲイセンはコメントしている。

「これは、遺伝子組み換えが自然においても起こるということを示しています。しかし、人間によってつくり出される遺伝子組み換え作物には、わたしたちのコントロールを外れているこの『自然の』遺伝子組み換え作物と違って、どのような特徴が植物に加わるかが正確にわかるという利点があります」

異種のDNAが植物や動物のゲノムの中で発見されるのは初めてではない。しかし、発見されたメカニズムが、研究者たちによって行われている遺伝子操作と同じだという事実は、遺伝子組み換えテクノロジーにおいても、わたしたちが何も発明していなかったことを改めて感じさせる。わたしたちはすでに自然の中で起きていることを、ただコピーしたに過ぎないのだ。

このような遺伝子組み換えが「自然」(そしてそれゆえ「健康的」で「安全」だということになる)だという事実は、遺伝子組み換え作物についての神話を打ち消す助けとなることができるだろうか? いや、それは難しいだろう。

TAG

FoodGene EngineeringNatureResearchWIRED IT