1ヵ月使ってみて分かった、「Apple Watch」を買ってはいけない人の特徴5つ

写真拡大

アップルのまったく新しいウェアラブルデバイス「Apple Watch」。発売されて1カ月たちました。私は、発売と同時に購入して使ってきました。とても便利な機能が満載されていますが、その反面「これ、誰にとっても必要ってわけじゃないよね」ということがわかってきたので、どんな人には向いていないのかを書いていきたいと思います。

【iPhone 6/6 Plus】簡単だけど効果大! 節電法8つ&急速充電テク

iPhoneを持ってない人

知っている人には当たり前だと思いますが、Apple WatchはiPhoneがないと時計機能すら使うことができません!

店頭で買おうとした場合はiPhone(iOS 8.2へアップデートされたiPhone5以降の機種)なしでは利用できないことをしっかりと説明されますが、オンラインのApple Storeで注文してしまうと気づかないなんてこともあるようで。ガラケーユーザーの空手家の角田信朗さんがうっかり購入してしまったのが話題になっていましたね。

Apple Watchの基本機能は、時計に加えて、iPhoneへの電話着信やメッセージ、予定時間などを手首でブルッと振動して知らせてくれるのです。そのほかにも、さまざまな設定やアプリの登録など、すべてiPhoneで行うようになっています。

腕時計が大好きな人

腕時計が好きなら、Apple Watchも興味があるのでは? と思うかもしれませんが、実際のところ、そういう人はすでにお気に入りの腕時計を使っているはず。なので、それを外してApple Watchを身に着けるのは、敷居が高いと思います。

逆に、時間を確認するのにいちいち携帯の画面を見ているような“手首が空いている”人はApple Watchを受け入れやすいでしょう。

ちなみに純粋に腕時計として、Apple Watchは問題なく使えます。
ただし電池が1、2日で切れるということを除いて! この、ほぼ毎日充電するのが面倒だ、という人もApple Watchはやめたほうがいいでしょう。

とにかく忙しいデスクワーカー

Apple Watchを使ってみて、今のところ最も気に入っているのが「アクティビティ」という健康管理機能です。これは、着けている人の活動を1日中記録するもの。

そのオマケ的な機能として、50分間座りっぱなしだと「立ち上がって、1分ほど動きましょう。」と表示されます! これ、運動不足とか、腰痛とか、エコノミー症候群とかを考えると、体にいいこと言ってくれているのはわかります。しかし、だいたい忙しくてブラブラしたりできないから座りっぱなしな訳で、そんなときに言われてもね! と、かえってイラッとさせられます。

この表示は設定でオフにできますが、こういうお節介なところが気に入らないという人には、Apple Watchはお勧めしません。

新し物好きな大金持ち

少し意外かもしれませんが、新し物好きの中でも、新し物を自慢するのが好きな人はApple Watchに満足できないかもしれません。なぜなら、Apple Watchを身に着けていても誰も気づいてくれないから!

一見したところ、いい意味で普通の腕時計なんですね。私も人と会ったときとか、「あ、Apple Watchですね!」とか言われるかなと思いながら、サッと時間を確認するんですがスルーされて、ちょっと寂しい思いをしたりしています。

じゃあ、100万円以上するApple Watch EDITIONならもっと派手かな? と思うじゃないですか。Apple Storeに試着しに行ってみたのですが、これも意外なほど普通な感じです。
裏を返すと、時計としてすごく真っ当なデザインに仕上がっているということの証なんですが、人によっては残念に思うかもしれません。

心のときめきを伝えたい相手がいない人

Apple Watchの機能の1つに「DIGITAL TOUCH(デジタル・タッチ)」があります。これは、自分の鼓動のリズムを他のApple Watchユーザーに振動で伝えたりできるユニークな機能です。

これさえ使えば、超ラブラブカップルが互いに自分の胸の高鳴りをとにかくいますぐ伝えることができて便利!

一方で、自分の心臓の動きを知らせたい相手がいない人にとっては無用の長物ですし、世界のどこかでリア充カップルがこの機能でキャッキャウフフとよろしくやっているかと思うだけで心が荒むので要注意です。

非常に便利でスタイリッシュなApple Watch。LINEやAmazon、Cockpadなど、さまざまなアプリも登場し、今後ますます使い勝手が良くなっていく期待が膨らむばかりですが、上で書いたように“合わない”人もいます。購入の前によく考えて判断しましょう!