Doctors Me(ドクターズミー)- キシリトール100%のタブレットは虫歯予防にも最適!

写真拡大

■ 口の中で溶かすだけの簡単オーラルケア

キシリトールガムは有名ですが、最近話題の「キシリトールタブレット」をご存知ですか?

歯の主成分であるリン酸カルシウムを配合しているキシリトール100%のタブレットには、歯を強くする効果(歯の再石灰化)があり、虫歯予防にもなります。
ガムを食べる習慣のない方や歯科の治療中でガムを噛めない方にも最適です。 また、小さなお子さんの生活にも取り入れやすいといえるでしょう。

■ そもそも「キシリトール」って何? その効果とは?

キシリトールとは、シラカバやカシなどの植物から作られる天然由来の甘味料で、虫歯の原因となる酸をつくらないと言われています。

また、以下のような効果があります。

○スッとする甘さにより、唾液を出す
唾液が増えることで酸を中和する能力が高まり、歯の再石灰化が促進されます。

○歯垢(プラーク)中のミュータンス菌などを減少させ、虫歯の原因となる酸を抑制する
ミュ-タンス菌は通常、糖を取り込んでエネルギー源として酸を生成し、その酸により虫歯が始まります。しかしミュータンス菌はキシリトールを取り込めず、酸を生成できません。よって、キシリトールを使い続けると、口腔内の歯垢のむし歯菌の数が少なくなります。毎日の習慣になると、虫歯になりにくい歯垢に変わっていきます。

○歯垢の性状の変化によって歯磨きがしやすくなり、歯肉炎も起きにくくなる

■ キシリトールタブレットの効果的なとり方

タブレットなので、ゆっくり溶かすだけで口の中にキシリトールが広がります。以下の3点を踏まえて、効果的に取り入れましょう。

[1]1日の摂取目安量は、1回に3粒を噛まずに5分ほど舐めます。
[2]1日5〜7回を目安に、1週間続けるとよいでしょう。
[3]キシリトールを摂取してプラークが減り始めるのは約1〜2週間。さらに3カ月間摂取すると、虫歯になりにくい状態になります。

その後3カ月くらい摂取をやめても、効果は持続するといわれています。

■ 医師からのアドバイス

きちんと歯磨きをしているにもかかわらず虫歯になりやすいという方は、このキシリトール100%タブレットを生活習慣に取り入れてみることをお勧めします。