国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)は25日、内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)と、サイバーセキュリティ基本法等を踏まえた包括的な協力協定を締結した。

 この協定は、サイバーセキュリティ対策の推進に当たり、国内のサイバーセキュリティに関する施策を効率的・効果的に推進することを目指したもの。NICTのネットワークセキュリティ技術に関する研究成果が有効利用され、広く社会に還元されることも期待される。

 具体的には、情報通信関連のセキュリティにかかわる脆弱性や暗号技術の安全評価に関する情報共有、研究開発戦略の推進に関する協力、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会などに向けたサイバーセキュリティ技術に関する協力などを行う。