男が態度で示す「本命彼女」と「遊ばれ彼女」の違いとは

写真拡大

 好きな人とある程度仲良くなれたら気になる事は相手の反応です。はたして相手は自分のことを本命だと思っているのか、それともただの遊び友達なのか、男性が示す態度である程度見分けられます。

本命にしたいなら男は先を急がない?

 本命にしたいと思っている女性とのデートの場合には男性は先を急ぎません。はっきり言えばすぐにSEXをしなくても構わないと思っています。もちろん男性ですからSEXはしたいと考えるのが通常ですが好きな女性に対しては敢えて理性をかけることを考えます。それだけ真剣に考えていると女性にアピールしたいからです。逆に考えれば1〜2回のデートで食事もそこそこに体を求めてくるようなら遊ばれている可能性もあると言えます。

 仮にすぐにSEXをしてしまったとしても、その後の態度で男性が本気なのか、遊びなのかがある程度わかります。男性は本命彼女に対しては行為の後の時間を大切にしようとします。2人で一つになれた後は気持ちを開きやすくいろいろな会話が生まれます。普段話さないような家族のこと、将来のことなどを彼女に聞いてほしいし、彼女のことも知りたいと思っているからです。

 逆に本気でない女性に対しては行為が終わった後にすぐにベッドから出て服を着てしまうことが多いようです。遊びの彼女には体の欲求が満たされれば満足してしまうということです。

  男性はSEXをしたい生き物ですから、そのためには労力を惜しみません。この子とできるな、と直感が働いたら本命彼女でなくても連絡はまめにします。それまではデートでもお金を使います。

 しかし本命彼女でない場合にはSEXという目標を達成した後の態度が急変したりもします。体を許すまではまめに連絡をくれていたのに、急に連絡が来なくなったりこちらから電話をしても出なかったりします。反対に本命彼女と結ばれた後の男性はより積極的になります。体の関係を結ぶことで相手をさらに好きになりもっと会いたいと思うからです。

 また、体の関係を結んだ後にも以前と変わらないような友達以上恋人未満の関係が続く場合がありますが、男性が本命だと考えている場合には家族や友人への紹介を積極的に考えて機会を作ろうとします。自分の好きな人をみんなに自慢したいからです。

 しかし本命でない場合にはそういった話が一切でません。何故ならあくまでも友達以上恋人未満であって本命彼女ではないから紹介するまでもないと考えているからです。もし好きな男性とそのような関係になった後に自分のポジションが本命なのか遊びなのか気になる場合にはこのような事を判断材料にすると良いでしょう。