写真提供:マイナビニュース

写真拡大

第一生命保険は25日、第28回「第一生命サラリーマン川柳コンクール」『私が選ぶサラ川ベスト10』投票の結果を発表した。

○トップは"ノーベル賞"に自虐ネタを盛り込んだ一句

同社は昨年10月に同コンクールを実施し2月に全国傑作100選を発表した。その後10万人を超えるサラ川ファンの投票により、ベスト10およびその他優秀作品の投票順位が決定した。

投票の結果、第1位に輝いたのは、イソノ家さん(46歳/男性/北海道)の「皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞」で、5,501票を獲得した。投票者からは「お見事! としか言いようがない。無駄な脂肪を資源にできれば・・・これぞ社会貢献!」(30代・男性)、「本当に科学的にできればいいのにな・・・という願いもこめて」(30代・女性)などの声が寄せられた。なお男女支持率は五分五分だった。

続く第2位は、湘南おじんさん(68歳/男性/神奈川県)の「湧きました 妻よりやさしい 風呂の声」(4,108票)。第3位は、こまさん(48歳/女性/北海道)の「妖怪か ヨー出るヨー出る 妻の愚痴」(3,264票)だった。

以降、若ジイジさん(54歳/男性/神奈川県)の「壁ドンを 妻にやったら 平手打ち」(2,948票)、FUTAさん(59歳/男性/北海道)の「記念日に 『今日は何の日?』 『燃えるゴミ!!』」(2,925票)などがランクインした。

また、5月25日14時から10月末日まで、ベスト10作品と漫画家やくみつるさんの総評などを展示する。会場は同社日比谷本社1階の「第一生命ミュージアム」。開館時間は9時〜17時(土日祝日は休館)となっている。