フィギュアスケートの浅田真央(24)が現役に復帰する。浅田は昨年のソチ五輪後に去就について聞かれ「ハーフハーフ」と独自の言い回しを残して長期休養に入ったが、そのまま引退との見方が支配的だった。しかし、昨年末から「やむを得ない事情で銀盤に帰ってくる」との声も囁かれていた。その背後に“3人の女”の影が…。
 「休養中、テレビ各局はスポーツキャスター、フィギュア中継の専属解説者の打診をしましたが、色よい返事はもらえませんでした。プロとしてスケートショーを開催すれば、かなりの収益を得るのは間違いありませんでしたが、目下、その方面で絶大な人気を誇っているのは荒川静香です。その彼女も結婚出産後は演技力が落ち、十八番のイナバウアーもできないときもありましたが“美”は健在。また、荒川はショーの構成、演出も手掛けており、他のスケートOGを自分の傘下に置いているようなもの」(関係者)
 それを見て、プロ転向は得策ではないと思ったかもしれない。

 また、ひと足先にタレント活動を始めた姉・浅田舞の存在も大きかった。Gカップ爆乳の豊満バディ、それを惜しみなく披露した写真集は売れ行き絶好調。“真央ネタ”の暴露でも人気を博している。
 「姉の舞は間違いなく真央以上にタレント性がある。豊満バディもそうだが、『真央との仲は悪かった』とか、キム・ヨナを指して『何であんなに点数が出るの? 審査員の方が好きなんですかね』と痛烈。その場の空気に適したコメントも言えます」(テレビ誌記者)

 フィギュア選手としては姉よりもはるかに上でも、今芸能界入りすれば、その後塵を拝することになる。荒川との差にしても、やはり金メダルの有無の差は大きい。長期休養中だった浅田はこうした状況を見据え、現役復帰に傾いたのだろう。
 「休養中、友人たちも浅田を励まし、交遊を続けていましたが、その大半はスケート仲間。シーズンが始まれば付き合ってばかりもいられない。そういう寂しさもあったようです」(前出・関係者)

 浅田は昨年10月に練習を再開。この時点では、あくまでも年末年始のアイスショーに出演するためだったが、やはりここで心境の変化が起こったようだ。「早くリンクに立ちたい」と周囲にこぼすようになっていたという。
 「復帰の正式発表が5月まで持ち越されたのは、再スタートの足場を整える必要もあったからです。浅田がアイスショーに出演していた年末年始、中京大学の卒業にもめどが立ち、新たな所属企業を探す必要もあったのです」(同)