<国内男子賞金ランキング>
 国内男子ツアー『関西オープンゴルフ選手権競技』終了時の国内男子賞金ランキングが発表され、ツアー初優勝を飾った片岡大育が、1,400万を加算し賞金ランキング5位に浮上した。
関西オープンゴルフ選手権競技の様子をフォトギャラリーでチェック
 ベスト3は変わらず、前大会で優勝したアダム・ブランド(オーストラリア)は首位をキープし、2位マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、3位I・J・ジャン(韓国)と続いている。今大会惜しくも優勝を逃してしまった山下和宏は、日本人最上位の4位をキープ。同大会2位のブラッド・ケネディ(オーストラリア)は9位に浮上しトップ10入りした。
 ここまで外国人選手が3連勝していた男子国内ツアー。4連勝となれば史上初だったが、そこは日本勢も負けず、片岡が阻止した。賞金ランキングでも、ここから日本勢の巻き返しといきたいところだ。

1位:アダム・ブランド(31,192,000円)
2位:マイケル・ヘンドリー(28,604,000円)
3位:I・J・ジャン(27,725,000円)
4位:山下和宏(23,474,000円)
5位:片岡大育(22,345,400円)
6位:藤本佳則(15,885,030円)
7位:李尚熹(5,468,000円)
8位:近藤共弘(12,694,360円)
9位:B・ケネディ(11,249,400円)
10位:谷原秀人(10,671,933円)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
片岡大育、9年目の初優勝 どん底で活路求めた海外参戦
山下和宏、またもV逸…痛恨の3パット&OB
【国内女子ツアー】ニュース一覧をチェック!
【米国男子】ニュース一覧をチェック!
関西オープンゴルフ選手権競技リーダーボード