栗原類が発達障害であることを告白…理解を得られず怒られることも

写真拡大

25日放送の情報番組「あさイチ」(NHK総合)で、タレントの栗原類発達障害であることを明かした。

この日は、「夫の発達障害」と題し、主にASD(自閉症スペクトラム障害)について特集した。ASDとはアスペルガー症候群や自閉症の総称で、生まれつき脳機能に偏りがある脳機能障害とされており、国内には100人に1人の割合でいるとされている。

栗原は今まで未公表だったが、実は発達障害のひとつ、ADD(注意欠陥障害)だという。診断を受けたのは8歳のときで、当時はアメリカ在住だった。

当時の栗原は自分の決めたことに忠実で、他人に合わせることが苦手だった。「家を出る時間はぴったり」などの強い執着があったそうで、現在も冷蔵庫の決まった場所にお茶がないと気がすまない、といったこだわりがあるとか。

また近年、ASDには感覚過敏という特性があることが明らかになってきている。感覚過敏とは、音や光などの刺激に対して異常に敏感に反応してしまうことだ。

栗原も幼少期から音の感覚過敏だそうで、音楽の授業で苦労したという。日本の学校では正しい音程や正しい発声で歌うことを教えていないため、同級生の歌声が雑音に聞こえてしまった。栗原は耐えきれずに耳をふさいだり、教室から逃げ出したりしてしまい、何度も教師から怒られたという。

現在でも、テレビの大きな音や、人の大きい声はとても苦手とのこと。そうした場合は「音を下げてください」「苦手なので小さい声でしゃべってください」と、一声かけるようにしているそうだ。

なお栗原は、幼少期に魚が主人公のアニメーション映画を観たことで、自身の障害と向き合えたそう。映画を観た栗原が、母親に「すごいおもしろいね」と話したところ、母親から「類も同じような症状なんだよ」と教えてもらったそうだ

栗原は映画については「自分自身初めて向き合うようないい題材だった」と打ち明け、「客観的に自分のことや症状を改めて深く考えられるようになりました」と振り返った。

一方で、メディアが取り上げる障害に関しては「天才型や、著名人の名前を出したりする」と指摘し、それゆえ、障害を自覚していても周囲に相談しにくい風潮がある、と厳しく指摘した。

栗原は幼少期に早期診断をされ、主治医や親から弱点を指摘してもらったおかげで、乗り越えられた部分が多かったと明かす。

彼によると早期発見には、家庭の環境はもちろん、社会に出る際に自分自身を整えやすくなるメリットがあるそうだ。「周りが理解してくれるような環境が、もっと整ったらいいなと思います」と、素直な気持ちを口にしていた。

【関連記事】
市原悦子が「あさイチ」で放送禁止用語を連発 有働由美子アナが謝罪する事態に
大泉洋が朝ドラ「まれ」内で飴細工を破壊 実は本当のハプニングだった
栗原類「小学校時代にいろいろな人にフラれ人間に希望を持てなくなった」