毎日化粧をしていれば、化粧ブラシやパフだって汚れます。汚れたお道具で化粧を続けてしまうと、顔中に雑菌が広がり、肌荒れの元になりますよ!でも一体どのタイミングでブラシやパフを交換すればいいのか、イマイチ分からないですよね。そこで今回は、メイクブラシの交換時期と正しいお手入れ方法についてご紹介します。

洗う頻度はアイテムによって違う

化粧ブラシやファンデーションパフは、肌に直接触れる機会が多いので、本来は毎日洗うのがベスト。チークブラシ、アイシャドウブラシに関しても、長くても1週間に1度は洗うようにしましょう。黒ずむまで放置してしまうと、せっかく普段スキンケアを頑張っていても、すぐにお肌が荒れてしまいます。

メイクブラシの洗い方

メイクブラシが天然獣毛の場合、石鹸や食器洗い用洗剤で洗って干しただけでは、お手入れは不十分です。天然獣毛は私たちの髪と同じくキューティクル層なので、取り扱いには気をつけなければいけません。メイクブラシ専用のクリーナーを用意し、毛の根元から毛先にかけて汚れを押し出すように洗い流していきましょう。その後、洗面器にぬるま湯をはり、ブラシを優しく左右に動かしながらすすいでいきます。メイクブラシが天然獣毛ではなく人口毛なら、石鹸や中性洗剤をつかって洗っていきましょう。洗い方は天然獣毛と全く一緒。

洗った後は、きちんと干す

天然獣毛も人口毛も、洗った後はタオルで包み、水分を飛ばしておきましょう。その後、目の粗いコ―ムで毛並みを整え、毛先を下に向けながら干します。直射日光が当たりすぎてしまうと、毛質が悪くなる場合もあるので、気をつけてくださいね。

化粧パフを洗うときは

化粧パフを洗うときも、ほとんどメイクブラシの手順と変わりません。クレンジング剤、もしくは専用クリーナーをつけて十分になじませた後、ぬるま湯で洗い流していきましょう。一回で汚れが落ちない場合は、一連の流れを繰り返します。洗っても汚れが落ちないなら、そのパフは寿命を迎えているということになります。無理して使わず、すぐに処分しましょう。化粧パフに関しても、干すときは直射日光が当たらないように十分に配慮しながら、干していきます。

メイクブラシ・化粧パフを洗っても、全然汚れが落ちない! それはまさに“コスメの寿命”を迎えたということ。もったいない! と無理して使い続けていると、ニキビや湿疹ができちゃいますよ。洗っても汚れが落ちないときは、新品を用意し、定期的に洗い続けていきましょう。メイク道具を洗うことが面倒だと感じるのであれば、使い捨てのパフなどを使用したほうが、よっぽど美肌に近づきますよ。


writer:山口 恵理香