現在と未来の肌を守る2剤混合型美容液

写真拡大

ファンケル化粧品(横浜市)は、現在の肌悩みと未来の肌ダメージリスクを同時にケアするパーソナル美容液「スキンソリューション」を2015年6月10日に発売する。

現在の肌悩みをケアする成分を凍結乾燥させたパウダーと、未来の肌ダメージをケアする成分を配合したエッセンスを組み合わせて提案する2剤混合型の美容液。店頭の機器による「肌測定」と、肌内部のダメージや未来の肌トラブルのリスクを解明する独自技術「角層バイオマーカー解析」の結果から、角層の採取後約2週間でおすすめのパウダーとエッセンスを提案してくれるという。また、その他のサプリメントや生活習慣、肌の手入れ方法などの1人1人に合ったパーソナルケアもわかる。

パウダーの成分一例として、ハリや弾力を高め、くすみケア効果が持続する「APPSα(新・浸透型ビタミンC誘導体)」や水分蒸散抑制やバリア機能向上効果が期待できる「セラミド」を「凍結乾燥製法」によりパウダー化して複合配合。エッセンスには肌ストレスによるダメージを抑制する「スイートピー肌エキス」やバリア機能を低下させない「西洋シロヤナギエキス」、紫外線ダメージから守る「イモーテルエキス」など、未来の肌ダメージにアプローチする植物由来の美容成分を複合配合した。

旗艦店のファンケル銀座スクエアなど一部直営店舗で取り扱う。価格は2万1600円(税込)。肌測定・解析費用3000円(同)。

ファンケル化粧品は、無添加化粧品・雑貨などの販売を行う「美しくなれるモノ・サービス」を提供するファンケルグループ傘下の事業会社。