Doctors Me(ドクターズミー)- その爪の異常は病気かも…7つのサインを見逃さないで!

写真拡大

爪の形は千差万別ですが、見慣れていた自分の爪の形が変わってきたとしたら、それは病気のサインかもしれません。また、爪の色の変化も大事なサイン。

爪の7つの変化と病気の関係について、医師に解説していただきました。爪の異常が気になる方は、早速チェックしましょう!

その1:爪の先端が反り、中央が凹むスプーン爪

爪の甲の部分の先端や両側が反り返り、そのため中央が凹んでいるように見えます。手の爪に多く、爪の甲が薄いと起こりやすくなります。女性に多い鉄欠乏性貧血、そして甲状腺の病気が考えられます。また、指先に力を入れる作業をしていても、なることがあります。

その2:指先が膨らみ、爪が盛り上がる、ばち指

指先が太鼓のばちのように膨らみ、爪の甲が盛り上がってきます。肺がん、間質性肺炎などの肺の病気、心臓の病気、肝硬変などの肝臓の病気、慢性の下痢などが考えられます。

その3:爪の上部が白くなって、はがれる

ケガが原因のことや、爪水虫である爪白癬(つめはくせん)や爪カンジダ症、接触性皮膚炎、尋常性乾癬などの皮膚の病気が隠れていることもあります。爪白癬ですが、足の指の間にできる水虫と違って、こちらは内服薬でないと治らないので、医療機関でしっかり診察することが重要になります。

その4:爪が全体的に白くなる

肝硬変、肺がん、白血病などが隠れている場合があります。

その5:爪が黒くなる、黒い縦線が入る

内出血や良性のホクロなど、特に心配のないものが多いですが、大きくなったり、色が濃くなってくる場合には、アジソン病、ウィルソン病、糖尿病などの内分泌の病気や、感染性心内膜症、皮膚ガンの一種である悪性黒色腫の場合があります。

その6:爪に横ジワが入る

感染症、糖尿病、外傷が原因で生じることがあります。

その7:爪に縦しわが入る

老化によるものです。特に心配ありません。