ジョージ・クルーニーが妻伴い8年ぶり来日、「トゥモローランド」PRで。

写真拡大

俳優のジョージ・クルーニーが(54歳)が5月24日、ディズニー映画初主演となる「トゥモローランド」のプロモーションのため8年ぶり、5回目の来日を果たした。

先日行われたLAプレミアでは、「大好きな日本に妻と一緒に行くよ。彼女は一度も行ったことが無かったからね」と、独身を貫いてきた彼を虜にした才色兼備の妻アマルと共に来日する事を宣言していたジョージ・クルーニー。

24日、全世界的に注目を集めているBIGカップルが14時すぎに羽田空港へ到着すると、到着ロービーは騒然となり、この日の到着に集点を当て待ちわびたファンを含め約400人が歓喜の悲鳴上げた。

「日本のみなさんに会うのが待ちきれないし、日本のみんなが映画を気に入ってくれることを願っているよ。すぐに会いましょう!」と日本のファンとの対面を熱望していたジョージ・クルーニーも、20分以上にわたりファンサービス。

実際に歓迎を受け「8年ぶりに日本のファンと会えて嬉しいよ」と、フライトの疲れも見せず嬉しそうに語り、さらに「まずは美味しいランチを食べたい。奥さんと一緒に日本のカラオケにも行きたいな」と妻との日本観光も楽しみにしている様子だった。

また、映画「トゥモローランド」について「ハロー!明日のプレミアでも(ファンと会えるのを)期待している。とても楽しみだ!」しっかりとアピールも忘れなかった。

映画「トゥモローランド」は6月6日(土)、全国ロードショー。