Doctors Me(ドクターズミー)- 性病の起源!《性病》っていつ、どこで生まれたの?

写真拡大

性病はコロンブスやバスコ・ダ・ガマの探検で広がった!?

性病はギリシャ・ローマ時代から「淋病」や 「尖圭コンジローマ」が性器の病気として知られていました。

性病の一つ「梅毒」が初めてヨーロッパにもちこまれたのは1493年コロンブスの第1回アメリカ探検隊員からが原因で、西インド諸島の現地人との性交渉により感染したとされているのは有名なお話です。

また、梅毒は日本においては、パスコ・ダ・ガマの東方探検によって、インド、中国などを経て、1512年に持ち込まれたと考えられています。
つまり性病は、人類の探検により世界各地に広がっていったということです。

江戸時代には遊郭で梅毒が流行?

梅毒は、当時、唐瘡(とうがさ)、揚梅瘡(ようばいそう)などと呼ばれ、湿気などによる炎症などと考えられていましたが、次第に、性行為による関連付けがなされるようになりました。

幕府は梅毒の感染拡大を阻止する為から「遊郭」を作りましたが、その効果は思ったほどではありませんでした。

江戸時代後半から明治にかけて歓楽街(花柳界)の売春と深い関係がある病気とされ、花柳病(かりゅうびょう)と呼ばれていました。 このころから、性行為による感染で起こる病気という考えが広まったのです。

やがて、1873年に淋病、1889年に軟性下疳菌(なんせいげかんきん)、1905年に梅毒が発見され、 花柳病が病原体による感染症であるということが判明しました。

性病予防法ができたのは戦後以降

昭和に入り、梅毒などの性病は世の中に広がっていき、第二次世界大戦終了後の混乱期にさらに性病が広まって、昭和23年に性病予防法が制定されました。 性病に指定されたのは、淋病、梅毒、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫(第四性病)の4種でした。

1999年、感染症新法の制定により、これらの性病にくわえ、クラミジア、ヘルペス、B型肝炎、エイズなどの性感染症が、加わりました。

医師からのアドバイス

クラミジア、ヘルペス、B型肝炎、エイズなどは、現在も増加しており、特に若年層を中心に急激に広まっている状況です。 背景には性行為の若年齢化、避妊知識の欠如があげられます。エイズは世界的に最も猛威を振るっている性感染症で、南アフリカでは4500万人の人口のうち1割以上が感染者といわれています。

また、日本でも1000例を超える症例が報告されています。 感染経路はほとんどが性的接触で、同性間が6割、異性間が3割という報告があり、20〜30代の男性が多いのが特徴です。