レモンやグレープフルーツ、梅干しなどの酸っぱさのもとになっている“クエン酸”。クエン酸の疲労回復効果は誰でも知っていると思いますが、実は、クエン酸には美肌効果やアンチエイジング効果まであるのです。

クエン酸には血流を改善する働きがある

“ドロドロ血”などといういい方をする場合がありますが、血液がドロドロになるのはphが酸性に傾いている状態です。そのような状態では、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病が心配ですよね。クエン酸には、血液のphを弱アルカリ性に変えてサラサラな状態にする働きがあります。それによって、新陳代謝が促進されるので、美肌になれる嬉しい効果も期待できます。

ミネラルの吸収を促進するクエン酸の働きでアンチエイジング

クエン酸にはカルシウムや鉄分、ナトリウムなどのミネラルの吸収を促進する働きもあります。ミネラルは、人が健康を維持するために必要不可欠な栄養素。クエン酸のこの働きを“キレート効果”と言いますが、これによって老化を防止し、いつまでも美しさを維持するアンチエイジングが期待できます。クエン酸には、体をサビさせる活性酸素を除去する働きもあるので、アンチエイジングのためにもクエン酸をもっと摂りましょう。

クエン酸の力をもっと活用するならピーリング効果にも注目

クエン酸を食べるだけでも、美肌やアンチエイジングに効果的ですが、お肌を外側からキレイにすることができるのもクエン酸のスゴイところ。粉末のクエン酸を水に溶かして、洗顔料として使えば“ピーリング効果”によって、肌荒れやお肌のくすみが改善されます。粉末のクエン酸は、一般の薬局などで購入できるので、ぜひ試してみてください。入浴剤として使えば、体臭を予防する効果があります。

クエン酸はダイエットにも効果的!?

クエン酸の疲労回復効果は、クエン酸に疲労物質の乳酸を分解する働きがあることからくるものです。糖質や脂質をエネルギーに変換する時に、クエン酸が不足している場合、乳酸として蓄積してしまうのです。このことから、クエン酸が基礎代謝を高めダイエットにも効果的と言われることがあります。ただし、単に基礎代謝を高めるだけでは、なかなか痩せられないのも事実。適度な運動やバランスの取れた食事に気を付けて、上手にダイエットしましょう。


writer:岩田かほり