M&Aが行なわれる際のデューデリジェンス(企業価値評価)などの裏舞台を詳しく知る事ができる『約束のとき』

写真拡大

競争過多で、成長企業でさえ瞬く間に凋落してしまう外食産業。そんなレッドオーシャンの中で、高業績を上げ続け、2014年12月に株式上場を果たした、<鳥良><磯丸水産>のSFPダイニング(3198)。この度、その創業者・寒川良作氏(現・同社会長)を主人公にしたビジネス経済小説『約束のとき』が発売された。“ビジネス経済小説”と謳う本書には、同社がM&Aを経てIPOに至るまでの過程が赤裸々に描かれている。登場人物は、すべて実名実在――著者である白崎博史氏に執筆から刊行までをお話しいただく第二回(第一回はこちら)。

編集部 日本の株式市場におけるIPOは創業者が“創業者利益”を得るためという、本来のIPOの意義とは乖離している側面が多いことは否めません。しかし、寒川会長のように「ただ、社員の幸せのためだけにIPOをしたい!」という意識もそうですし、実際にIPOした際に、創業者自身がストックオプションを従業員にすべて渡してしまうくだりには驚きました。

白崎氏(以下、白崎) 読んでいただければ分かりますが、M&Aでファンド会社に株を売却したのも従業員のためであり、そのM&A自体がIPOに向けてのものでした。もともと、寒川良作会長には、実兄(=M&A時点でのSFPダイニング・寒川隆会長)と交わした「3つの約束」があり、その約束をずっと忠実に守っていったのです。

編集部 自分たちの子どもをSFPダイニングには入社させない…などといった約束ですね。

白崎 はい。1つめが、お互いの子どもを会社に入れない。2つめが、頃合いを見計らって会社を売却する。3つめが、会社を上場させる、です。寒川兄弟は、<鳥良>がまだ数店舗しかなかった時代にその約束を交わしていました。2つめと3つめの約束がどう遂行されていったのか…この小説は、時系列に沿って、そうした過程を描いたドキュメンタリーとも言えます。

編集部 会社を売却したのが、2010年の12月。そして、ファンド会社が経営に参画したわずか3ヵ月後に、東日本大震災が起きました。

白崎 東日本大震災の被害に遭われた方々には不適切な言い方かもしれませんが…2011年3月からのSFPダイニングの動きはドラマや映画以上にドラマチックでした。言葉は悪いですが、手羽先唐揚屋のオヤジが経営者として成長し、ファンドの人間と丁々発止する……実は、相手はけして、“ハゲタカファンド”ではないのですが、構図的にはハゲタカの手羽先唐揚物語。「ハゲタカが人を食うか、手羽先になるか?」ですね(笑)。

 だから、会議に備えて、難儀な質問が来てもすぐに答えられる準備をしておくことになった。
 ロジックを組み立て、それを端的に説明していく。少しでも落ち度があれば突かれるので、質問を想定して、万全な体制で臨む。しかし、それでもまた別の部分を指摘される。次回は、さらに綿密な準備が必要となる。無駄だと思えるようなことでも答えられるようにしておかないと論破されてしまう。
 会議室に向かう幹部社員の手持ち資料が回を重ねるごとにだんだん厚みを増していった。
 責められれば責められるほど、何とか打ち返そうと、全員が懸命に食い下がっていく。(『約束のとき』第五章:天変のとき より)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)