一仕事終える度に、どうしてもお菓子を食べてしまう! 間食してはいけないと思いながらも、ついつい手を伸ばしがち……。夕飯を食べる前にお菓子でお腹いっぱいになっちゃう! という人も多いのでは。そこで今回はお菓子の食べ過ぎを防ぐ方法についてご紹介します。

お菓子の食べ過ぎを防ぐためにできること!

1.ながら食べをしない

借りてきたDVDを観ながらお菓子を食べるのが唯一の幸せ、という方もきっと多いでしょう。しかし、テレビをみながら、スマホをみながらお菓子を食べていると“食べ過ぎ”に気がつかなくなってしまうのです。食事のときは、五感をフル活用しながら集中して食べるようにしましょう。

2.飲み物で落ち着かせる

本当はお腹が空いていないにも関わらず、お菓子に手を伸ばしてしまうときってありますよね。そういう場合は、お菓子を食べる前に飲み物を飲んで、お腹を落ち着かせてみましょう。オススメは緑茶や紅茶などの温かい飲み物。一時的な空腹感が収まり、そのまま何も食べずに、仕事や勉強を再開できるようになります。コーヒー、紅茶、ハーブティー、その日の気分に合わせて、お好みのドリンクを選んでみてくださいね。

3.1日1回と決めておく

ダラダラと食べるのではなく、あらかじめ、おやつの時間を決めておきましょう。1日1回、昼食と夕食の間に好きなお菓子を食べるようにしてみて。寝る前にお菓子を食べると、すぐに脂肪になりやすいので、夕食後の間食は控えるように!

おやつにオススメの食べ物

間食にオススメの食べ物としては、

寒天ゼリードライフルーツ果物ヨーグルトわらびもち、くずもちシリアルナッツ など。

特にダイエット中は食事量をセーブしているため、ビタミン・ミネラル・食物繊維が不足しがち。先ほど挙げた食品はこういった栄養素を補ってくれるので“間食”としてはオススメのものばかり。できるだけ、カロリーの低いものを選ぶようにしましょう。


writer:山口 恵理香