写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三洋グループのパチンコ機器シリーズ『海物語』の15周年を記念した「アイマリンプロジェクト〜iMarine Project〜」の新たなミュージックビデオ「Marine Dreamin'」が、4月に千葉県・幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2015」にて初公開された。

公開されたミュージックビデオは、アイマリンちゃんが海上ステージでスポットライトを浴びながら、キュートなダンスを披露する内容。本楽曲「Marine Dreamin'」を手がけたのは、「エレクトリック・ラブ」「Distorted Princess」などの名曲を送り出した八王子P氏。キャラクターデザインは、ボカロキャラクターの杏音鳥音を手がけたはくり氏。歌は「ニコニコ動画」で活動している歌い手の鹿乃氏。振り付けは、でんぱ組.incの振り付けも手がけるYumiko a.k.a MTP氏。ほかにも、映像ディレクターのわかむらP氏がモデリング&映像担当として参加しており、この5名の豪華なクリエイター陣によって「Marine Dreamin'」は完成した。

そして今回は、5名のクリエイターたちからメッセージが到着「八王子Pと鹿乃さんの楽曲の夏っぽさ、キュートさ、『海物語』エッセンスに合わせて、映像もハッピーでキュートでサマーなイメージで制作しました」と語るわかむらP氏は、「Yumikoさんのカワイイ振り付け、はくりさんのキャラクターデザインから生み出されたアイマリンちゃんの多彩な動き、表情も、動画内でピックアップしてみました」と5人のクリエイティブの結晶であることを自負。「ハッピーさだけでなく、雰囲気が豹変する間奏部分、夏の終わりの寂しさを少し感じさせる楽曲後半部分など、僕が手がけた中で最も手数と時間をかけた映像になりました」と、本MVの見どころを解説している。

「長かったアイマリンプロジェクトですが、ついに完成の時がきたのですね!」と感慨深げに語る八王子P氏は、「楽曲は『海物語』シリーズへのリスペクトと、僕なりに新しさを出せるよう試行錯誤して制作しました」と制作秘話を吐露。「実際の筐体に入っているSEなども使っているので、実際にやったことある方も、そうでない方も楽しめる楽曲になっていると思います」とこだわりポイントを紹介。「MVは楽曲に合わせて演出なども変わっていくので、最後まで目が離せません」と締めくくった。

「海洋生物をモチーフとした動きで、コミカルに、そして可愛くて美味しそうな振付を目指しました」というコンセプトで振付を考えたことを明かしたYumiko a.k.a MTP氏は、「アイマリンちゃんの無邪気なキャラクターが表現できていたらうれしいです」と謙遜気味。「可愛らしいだけでなく、男性でもアレンジ次第でかっこよく踊れるように、中性的且つ元気ではつらつとしたデザインを心がけました」とMVを見るだけではなく、実際に踊ってみてほしいとアピールした。

「アイマリンちゃんは自分なりに一生懸命考えてデザインさせてもらいました」というはくり氏は、「このプロジェクトではイラストだけでは表現できない部分もクリエイターの皆さんと一緒に表現することができた」と、今回のプロジェクトの出来に満足気。MVを見た時に思わず「すごい!」と声を出してしまったという鹿乃氏は、「八王子さんの楽曲、鹿乃の歌声に合わせてアイマリンちゃんがめちゃめちゃ動いてます」と終始嬉しそうに語り、「めちゃめちゃのめちゃに可愛いです!」と大絶賛。「サビの振付でピースをする瞬間があるのですが、その時のアイマリンちゃんが特に好きです」と萌えポイントを明かしてくれた。

また、今回のミュージックビデオ公開に併せて、公式サイトで「MMD(MikuMikuDance)データ」や「振付練習用動画(マリスとぱん2による「踊ってみた」動画)」などを同時に公開している。本プロジェクトは、クリエイターだけではなくユーザーによっても、新しいアイマリンちゃんを生み出していくことを目指しているという。

(C)SANYO GROUP.ALL RIGHTS RESERVED.