<関西オープンゴルフ選手権競技 最終日◇24日◇名神八日市カントリー倶楽部(6,900ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー『関西オープンゴルフ選手権競技』の最終日。全選手がハーフターンを終え、1打差2位タイスタートの片岡大育が前半5バーディ・1ボギーでラウンド、4つ伸ばしトータル17アンダーで単独首位に躍り出た。
 2打差のトータル15アンダー2位タイにはブラッド・ケネディ(オーストラリア)とウォンジョン・リー(オーストラリア)の2人。続くトータル14アンダー4位には藤本佳則がつける。トータル13アンダー5位タイには宮里優作と近藤智弘が並び、さらに山下和宏、藤田寛之、塚田陽亮の3人がトータル12アンダーで7位タイとしている。
 また、前年覇者の小田孔明はトータル10アンダー15位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>