C 200

写真拡大

ヤナセ(東京都港区)は、2015年5月25日に創立100周年を迎えるのを記念して、メルセデス・ベンツの特別仕様車「C 200」「CLA 180」「G63 AMG」を発売した。

特別な内外装・装備を採用した、100周年にふさわしい個性豊かで魅力的なモデル。「C 200」560万円(税込)は、現行のカタログラインアップモデルにはない、ボンネットのスリーポインテッドスターマスコットと3本のルーバーを装備したラジエータグリルが印象的なフロントデザインが特長。「パークトロニック」「アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)」「シートヒーター」などの人気の「ベーシックパッケージ」に加え、専用シート、ウッドトリム、レザーARTICOダッシュボードを特別に装備した。鮮やかなメタリックペイントのヒヤシンスレッドのボディカラーが目を惹く。

「CLA 180」445万円(同)は大胆でアグレッシブな内外装が特長。ドアミラー、ハイグロスブラックペイントを施した18インチAMGマルチスポークアルミホイール・フロントグリルのルーバー・ウインドウライントリムなど、ブラックアウトしたアイテムを装備することで、スポーティーさを増している。安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」や「ベーシックパッケージ」も特別装備した。

「G63 AMG」2100万円(同))は通常はオーダーできない特別な専用ペイント「ソーラービーム」を採用。ルーフからバンパー、オーバーフェンダー、スペアタイヤカバーまでオブシディアンブラックで統一し、ボディカラーをさらに際立たせた。また、内装にもソーラービームカラーのインテリアステッチや、AMGカーボンファイバーインテリアトリムを採用している。