Doctors Me(ドクターズミー)- 急にピクピク…。目元・まぶたの痙攣はなぜ起きる?

写真拡大

大抵の人が経験をしているという目の痙攣。日常生活に支障をきたすほどの痛みがあるわけではないけれど、いざ痙攣が始まると不快ですよね…。

今回は、この目元・まぶたの痙攣の発生理由と対策に迫ります。

痙攣発生の5大原因

1:仕事などで疲れを感じているとき
2:パソコンやテレビを長い時間見たとき
3:携帯電話、スマートフォンの画面を長い時間見たとき
4:ストレスがたまっているとき
5:睡眠不足になっているとき

このように、目の酷使や疲労、寝不足のときなどは一時的に目元の血流に障害が起こるため、まぶたなどが痙攣しやすくなります。ただ、このケースでは大抵の場合短時間で治まる、あるいは回数も少ないといったことが特徴でもあります。

目元のピクピク、4つの対処法

1:パソコンやテレビを見るのを中断し、目を休める
2:温めたタオルなどを目の上に乗せて、血流障害を予防。血液の流れを良くする
3:寝不足にならないよう、しっかりと睡眠時間を取る
4:ストレスをためないように、上手にリフレッシュする

ポイントは目を酷使しすぎず、リラックスすることです。日常の中で心がけられることばかりなので、試してみてもらえればと思います。

【医師からのアドバイス】

目元の痙攣が長時間続いたり、頻繁に起こる、あるいは耳や口元までしびれてきたり、痛みを伴うような場合は、顔面痙攣(がんめんけいれん)や眼瞼痙攣(がんけんけいれん)、といった可能性があります。

これらは、脳の病気や顔の神経の異常により起こる現症なので、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

(監修:医師 佐藤 留美)