30位タイで最終日を迎える石川遼(Photo by Scott Halleran/Getty Images)

写真拡大

<クラウン・プラザ招待 at コロニアル 3日目◇23日◇コロニアルCC(7,204ヤード・パー70)>
 米国男子ツアー「クラウン・プラザ招待 at コロニアル」の3日目。初日に自身初の米ツアー首位発進を見せた石川遼だが、2日目以降は振るわず後退。トータル2アンダー・26位タイからスタートした石川の3日目は「バーディーの少ない一日」となり、2バーディ・1ボギー“69”。1つ伸ばしたものの、30位に後退してしまった。

 スコアを伸ばせなかった要因は「ショットが原因」と振り返る石川。「バーディーチャンスが少なかったのと、13番、18番のバーディーパットを決められなかったのがもったいなかった。アイアンがピンにいくことは(バーディを奪った)10番くらいしかなかったので」。パーで凌ぐことはできても、伸ばせるショットではなかったという。
 「ラインが合っていないなと思う。距離感はある程度コントロールできているので不安はない。自分が狙ってるポイントよりも150ヤード先で5〜6メートル違うのは、(自分の感覚の)何かが違う。そこを合わせて行ければいい。今日はあと1打、2打良いスコアで上がれた日だった」。初日好スコアを出したときには、“このコースはショットの精度が不可欠”と語っていたが、日を追うごとに感覚が少しづつズレてきている。
 だが「ショットが良くなってくれば、また初日のようなスコアが出ると思う」と2日前のいいイメージは残っているのだろう。「10番もプレーしにくいし、14番、15番、17、18番もすごい苦手。でも今年はここまでやれているのはこの1年間で変わった、上達したんだと感じる。手応えは感じています」と自信を保つことができている。
 思うようにスコアは伸びていないが、“思い切りのいいプレー意識”は好結果を生み出す。バーディを奪った2番ではティショットが右へ抜けるも、残り95ヤードを約2mにつけた。「サンドウェッジで多少開いてフルショット。目の前の木を越えなきゃいけない状況でした。ああいうのが一番楽しいです。自分の(なかでの)ワクワク感が!バンカーショットとかロブショットとか、トラブルショットの時は昔から考えていることが変わらない。スイング云々、テクニックを考えたら思ったところに飛ばないので気持ちだけで球を曲げたり、低く打ったり。逆にまっ平らなところから改まって構えると、スイングのことを考え過ぎちゃう。そこがコース上の自分のよくないところ」。ショット時の思考を“クセ”を思い起こせたことは収穫だ。
 首位とは8打差で、初日に期待された初優勝には厳しい位置で迎える最終日。「順位は気にせずやる。最初の9ホールはバーディーを3つ4つ獲っていきたい。トータル10アンダーに近づけるように頑張りたい」。様々なことを得ることができたこの3日間。最終日は初日を上回るスコアを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【米国男子】クラウン・プラザ招待のリーダーボードはこちら
【国内男子】山下和宏、最終日単独トップは11年以来「あの時の僕とは違う」
【国内女子】首位浮上の吉田弓美子「優勝して長尺を使う人にもチャンスあると示したい」
【米国シニア】戦う会長・倉本昌弘“76”で優勝戦線から後退 5位Tから17位T
ゴルファーが選ぶ!“ぶっ飛び”ドライバーランキング