エコなグルメやファッションショーも!代々木公園でエコライフ・フェア2015

写真拡大

「美しい地球を守りたい」と思いをどこかに持ちながらも、日々の忙しさに紛れて、じっくり考えたり、なかなか行動することができない…そんな人こそ、「エコライフ・フェア」を覗いてみて。楽しみながら、自分にできることを見つけられるはず。

2015年6月6日(土)と7日(日)に代々木公園で開催される「エコライフ・フェア2015」は、環境省の主催で1990年から続くエコイベント。6月5日の「環境の日」をきっかけに、地球環境のことをみんなで一緒に楽しく考えようと始まったそう。

会場には、公共団体や企業の活動を体験できる「エコ・ストリート」と、NGOなどのブースやステージ、岩手・宮城・福島などの物産展を行う震災復興マルシェなどがある「エコ・ビレッジ」の2つのゾーンが。

エコ・ビレッジには、オーガニックの食材を中心としたレストランが集まるフードコートもあるとか。ここでは、「野菜ソムリエのスープ屋さんkurumi(くるみ)」の薬膳スープやスープクスクス、伝統肉協会のジビエ料理で鹿やイノシシの肉を使った「マタギナルドハンバーガー」などが味わえる。

フードコートのすべての店で「ディッシュ・リユースシステム」を採用しているとか。「来場者が食器リユースコーナーでお皿やコップを借り、食後はご自身で食器を洗い、返却していただきます。もちろん、マイ食器もご持参いただけますよ」と、担当者さん。

このほかに、「1枚あれば役立つふろしき講座」など、その日から実践できるエコライフにぴったりのワークショップも開催されるそう。「女性の方には、夏も快適に過ごせる『スーパークールビズファッションショー』がオススメ。美容家のIKKOさんやモデルの鈴木サチさんも出演する予定です」(同)

むずかしく考えるより、楽しみながら考えたほうが、地球もきっとハッピーかも。家族や友人、彼など、大切な人たちと楽しくエコを考える機会にして。