稲見は首位と4打差で最終日へ!快挙なるか?(撮影:ALBA)

写真拡大

<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2日目◇23日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,459ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』2日目。7位タイからスタートしたアマチュア・稲見萌寧(いなみもね)が6バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。首位と4打差の単独4位に浮上した。

 「出だしは耐えるゴルフだった」と最初の3ホールはパーを奪うのがやっとだった稲見。しかし4番で“すんごい下りの”だったという10メートルのパットを沈めると、5番で残り95ヤードを「52度で軽めに」とピタリ。連続バーディを奪い流れを作った。
 そこからはボギーを2つ叩くも、折り返して最初の10番で奥1メートルにつけバーディを奪取。その後も3つのバーディを重ねてホールアウトした。昨年の勝みなみ以来となる、アマチュアの優勝が見える位置で予選ラウンドを終えた。
 そんな稲見だがその勝とはナショナルチームなどで親交があり、会えば挨拶する間柄。左足を怪我したときに、勝が気にかけて声をかけてもらったことが特に嬉しかったという。
 会話を交わしたことがあるとはいえ、稲見にとっては雲の上の存在。勝の優勝に抱いた印象も「すごいことやったなぁと。安定していて強いなぁ」。同じアマチュアという立場では見られない。何より自分も出場した今年の『ヤマハレディース』で、勝が難コース・葛城を攻略。“69”を叩き出す姿を目の前で見せつけられた。「あそこのコースであれだけのスコアがでるのか」と自分との差を痛感させられた。
 それから1か月。そんな偉大な先輩に近づくチャンスが訪れた。しかし、当の本人は「マンデー通れただけで嬉しいですし、目標の予選突破もできました。こんなスコアを出せて自分でも驚きです」。実感はまだ湧かない。
 明日の目標も「スコアはプレー中は気にせず、自分のゴルフに集中するだけです」と淡々と語った。だが最後に「欲をかかずにいつも通りのプレーをすれば、そんなに変なスコアはでないんじゃないかな」と調子の良さは感じている。首位とはまだ4打差。今日の勢いを加速させれば殿上人の大記録に肩を並べることだって夢ではない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>